小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


全国大会研究録集が届きました
全国大会の研究録集が届きました。
半年前のことが もうずいぶん前のことに感じます。
3日間の大会のすべてが この中に詰まっているんですねぇ。
暑さが約2cmくらいあるでしょうか。 かなり分厚いものです。
大会事務局の皆様 記録を取られた皆様
本当にご苦労様でした。

その記録集の中で とても気になったのは
作家 たつみや章さんの講演内容。
学校司書の必要性や
学校図書購入のために充てられたはずの交付金が
交付目的どおり学校図書館に降りてきていないことなど
訴えておられる内容でした。

講演に参加された方から 内容について聞いてはいたのですが
記録を読んで 改めて その全貌がわかりました。

全小中学校への司書配置 年間雇用の確立 非正規司書の正規化などについて
私たち 非正規の学校司書だけが声を上げていっても 
行政に伝わらないし 行政を動かすことはできません。
しかし 私たちの必要性を感じている 
学校にいる教職員や保護者から声をあげることが
行政を動かす力になりやすいということが 書かれていました。

あ~ ホントにそうだ! と思いました。
私たち非正規司書が声を上げても 行政は取り合ってくれません。
でも 長をはじめ教職員そしてPTAからの声は 行政に届きやすいのです。
大きな組合を背負った教職員や 保護者の声に 耳を傾けないことなどできませんから。

なるほどねぇ・・・。と 思いました。

じゃあ どうやって 教職員やPTAから 声を上げてもらうの?
という話になりますが 声を上げてもらうには
もちろん 学校図書館の現状が第一ですが その中でも特に
司書自身が周囲に認めてもらえる仕事をやってきたかによるところが大きいと思います。

読書推進のための働きかけをしてきたか(支援)
読書量は増加させるための取組みをやってきたか(努力)
子どもが集まる図書室にすることができたか(環境) など
図書室から情報発信をしてきたか(広報)など 
図書館をどれだけ活性化させてきたことが 周囲に認められていれば
行政に働きかけたり 声を発信したり と できるのではないでしょうか。


研究録集を全部読むには かなり時間がかかりそうです。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/994-d0e89bb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。