小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お仕事続けますか?
来年度の雇用について打診がありました。

「異動があったとしても 来年度もこの仕事続けますか?」

異動があっても? まぁ 異動があるかも・・・ということは
昨年 聞いてはいたのですが
改めて 「異動があっても・・・」と 言われると
この仕事に情熱を感じていない人だったら
もしかしたら 内示を貰った時点で 諸事情を考え
「辞める」という選択をする人もいるのではないかと思います。

「異動があっても・・・」という 一見「脅し」にでも聞こえるような
こういう打診の仕方には 何かひっかかるものがあります。

交通費も出ないようなこのご時世に
誰だって 自宅から少しでも近いところを希望することでしょう。
そうなると 学校の数は 東西にA=Bであるのに対し
通勤を加味した司書の割合は A<Bとなり 
現在と同じように数名は やや遠方の学校に通うことになり 
多少なりのリスクを抱えることになります。


図書館業務も 目録をPC管理していれば
異動があって 誰が何処に行ったとしても
迷ったり悩んだりすることは ほとんどないでしょう。

しかし 今の状態のまま 異動したとしても
すぐに 「使える人材、頼れる人材」として 活躍することはできません。


学校司書の異動が 図書館機能を 無駄にストップさせ
そのリスクは 子どもたちが被ることになります。
子どもたちのためを 一番に考えるならば
安易な異動を仕掛けてはならないということでしょう。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/968-cf8243ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。