小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


忙しさについて思うこと
教員の心の病気が多いですね。
ひどい場合 休職してしまうことも。

本校には 今年はいませんが 過去にはいましたよ。
私が存じ上げているかたは 2年間の休職の末 退職されました。

近隣の学校では いらっしゃるようです。
忙しすぎる毎日が原因でしょうか。
子どもと向き合うことに疲れてしまうのでしょうか。
それともモンスターペアレントに悩まされているのでしょうか。

同僚にも相談できず 一人抱えてしまった結果
心の病と化してしまうのでしょうか。

現場にいると感じます。
相談しようと思っても 互いに忙しく
相談できる状況にない・・・ 良くわかります。
本校みたいに 単学級だと 
すべて一人でやらなければならなくて 
更に大変だということも 実感として感じています。

単学級だと 分担というのが難しいのです。
3学級あれば 文殊の知恵とでも言いましょうか。
何をやるにも 学年行事であれば 相談も分担もできます。
しかし 単学級だとそうはいきません。
隣接学年と協力して・・・というのも 所詮学年が違うわけですし
何から何まで 協力しあっていくことは 難しいです。

小さい学校だと 職員も少なくていいと 見た目だけで判断されるのでしょうが
小さかろうと 大きかろうと やらなければならないことが多いわけで
分担できない小さな学校の方が ある意味 大きな学校よりも大変だと思います。

私自身も 前任が大規模校だったので 当時は思っていました。
小さい学校はラクよねぇ~。
時間もいっぱいあるだろうから 何でも出来ていいよねぇ・・・って。
でも 実際 小規模校に赴任してみると
教職員が少ないのに 大規模校も小規模校も校務分掌に変わりはない。
ということは 1人で何役もこなさなければならないわけです。
しかも クラブや委員会活動も 担当者が足りないので
私たちも借り出されます。
その他の行事も一緒です。
遠足や運動会も 分け隔てなく 仕事は割り振られます。

つまり 本業以外に担わなければならない部分が多いので
仕事量を考えると 大規模校と なんら変わりない・・・
むしろ 分担できない 小規模の方が忙しいと感じています。

今も 大規模校に赴任する司書から 忙しいとか大変とか言われます。
不満の矛先は小規模に向けられているのがわかりますが
両方の苦労を知る私は 同調できずにいます。
忙しさも大変さも じゅうぶんわかってはいるんですけど・・・ね。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/959-8c0ef084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。