小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


予算要求
来年度の予算要求の時期です。
例年 図書費の大幅アップをお願いしているのですが
(緻密な計算書を添付して) なかなか思うようにはアップしません。

児童数は 年々減少傾向。
農地が多く 転用には厳しい制限があり 新たな住宅が増えないのが原因です。
そのため 蔵書率は いつの間にか100%をゆうに超え
数字を見る限り 予算がつきにくいであろうことは 一目瞭然です。

しかしながら 蔵書率が到達していても
だから 新しい本は必要がないというのは 間違っています。
書店でもそうですが 人気のある本や話題に上る本が
一番目立つ場所に陳列され 人の目を引き お客さんを おびき寄せます。

学校図書館も同じです。
新しい本がなければ 図書館の魅力がそがれ 子どもたちは寄り付きません。
そのためには ある程度の予算がないと 難しいです。
国を挙げて 読書推進の声をあげているのに
伴うものがなければ 推進させようにも できません。

とはいえ 国からは 図書の充実のために 税金が拠出されています。
しかし 地方交付税という 大雑把なものに包まれているために
折角の税金も 他の事業に横流しされ 捻出された金額のものが
予算についていないのが現実です。

国が きっちり学校図書館充実費として拠出していただければ
間違いなく 私たちの手元に届くと思うので ぜひとも考えていただきたいものです。

話は逸れましたが 予算要求をしても 
満額通ったことは いままで一度もありません。

地方財政も いろんな方面にお金が必要だと思いますが
未来を担う子どもを育てるために 教育費のUPをお願いしたいものです。
教育費が削られても 子どもたちは文句を言うだけの力がありません。
そこに つけこまれているようで なんとも悲しいものです。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/937-a3d99712
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。