FC2ブログ
中学校の図書室で司書をしています。図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴20年。中学校勤務。
現校は6年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



子どもと向き合うことは ものすごいエネルギーを使うよね
高学年になればなるほど 問題が多い。

問題解決の糸口がすぐに見つかれば
解決の糸口もすぐに見えるのだけれども
ねじれまくっていると 元に戻すのには
ものすごいはまりと ものすごいエネルギーを消費します。

それくらい 本気で取り組まないと
子どもたちも本気で返してはきません。

でも 私のような 立場の違う者が
教師批判とも取れる このような発言をすることは
とても勇気の要ることで 
「じゃあ あなたは出来るの?」って 振られたりすれば
私は間違いなく窮地に立たされるでしょう。

一歩離れた 私たちの方が
学級の様子がよりよく見えることがあります。
近くにいることによって見えなくなっている部分を
私たちは気付くことができるのです。

じゃ それを どうやって学級に返していくか・・・ なんですけどね。。。

教師もひとりひとり考え方や価値観が違うので
私みたいなのがしゃしゃり出ると 「カチン」と来る人もいることでしょう。
でも 子どもたちにも 常々言っていますが
言わなきゃ変わらない と。

「気がつかない」ということは とても不幸だと思います。

職種が違っても 私たちの共通目的は 子どもを育てること。
その育ちに対し 私たちの担う責任は
『子どもたちとしっかり向き合うこと』が大切だと思います。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓

スポンサーサイト




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/907-95d47b8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)