FC2ブログ
中学校の図書室で司書をしています。図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴20年。中学校勤務。
現校は6年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



全国大会・・・全国SLA 第53回学校読書調査から③
全国SLA 第53回学校読書調査から 3回目の今日は
『5月1ヶ月間に読んだ本』から 小学生限定です。

小4男子 ①日本の歴史 ②かいけつゾロリのじごくりょこう ③三国志
小5男子 ①かいけつゾロリのじごくりょこう ②怪盗ルパンシリーズ ③三国志
小6男子 ①日本の歴史 ②バッテリー ③三国志

小4女子 ①ナイチンゲール ②学校の怪談 ③ヘレン・ケラー
小5女子 ①魔女の宅急便 ②若おかみは小学生! ③子ぎつねヘレンがのこしたもの
小6女子 ①日本の歴史 ②ハッピーバースデー ③ヘレン・ケラー

だそうです。
本校もほぼ似たり寄ったりです。
『日本の歴史』は ずいぶん長い間読まれている定番本ですが
いつの時代も人気が高く 学校図書館のベストセラーです。
マンガでわかりやすく解説されていて 読みやすく 理解しやすいためか
リピーターが多いのも特徴です。

これにあわせて人気が高いのは
『ナイチンゲール』や『ヘレン・ケラー』を代表とする 世界の伝記シリーズ。
こちらもおそらくマンガなのでしょうけれど
わかりやすく描かれているため 人気が高く
これもまたリピーターが多いのが特徴です。

両者は 記憶に残りやすいようで
歴史力をつけた者もいれば 偉人の偉業を頭に入れている者もいます。
しかし 伝記シリーズは マンガを読んだら 文字だけの本にも挑戦するよう促すのですが
そのハードルは高いようで 文字だけの伝記シリーズにステップアップする子は 滅多にいません。

『かいけつゾロリシリーズ』は 相変わらずの人気で
対象年齢は 確か2年生くらいだったと思うのですが
小学生は どの学年も ゾロリシリーズが好きですね。
前任校では PCによる図書管理ができ 予約を受けることもできたのですが
ゾロリの予約は 4月末の時点で ほぼ1年間埋まっている状態でした。

余談ですが この調査結果(17位まで記載)の中に
このほかのゾロリシリーズが たくさんランクインしていました。

『学校の怪談』も 根強い人気ですが ちっとも怖くないそうですw
むしろ 怖さが足りないので もっと怖い本を入れて欲しいと
チャレンジャーの子供がいっぱいいます。
松谷みよ子さん責任編集の『怪談レストランシリーズ』も 根強い人気で
いくつものシリーズ本が ランクインしています。
こちらも 怖くはありませんw

『子ぎつねヘレンがのこしたもの』や『バッテリー』は
映画やドラマになったことで ランクインしたのでしょう。
映画やテレビドラマの効果はすごいですね。
今年は 『西の魔女が死んだ』や『ハリーポッター』
『スパイダーウィック家の人々』 『ナルニア国物語』なども 
もしかしたらランクインするかもしれませんね。

また 女の子には 『若おかみシリーズ』に見られる 講談社の青い鳥文庫は根強い人気です。
ランクインはしていませんが 『黒魔女さんシリーズ』も人気です。

『怪盗ルパンシリーズ』は 親世代が むさぼるように読んでいた本で
『江戸川乱歩シリーズ』とともに はまっていた方も多いのではないでしょうか。
そこを睨んで 夏休みや冬休みの前のオリエンテーションで 
『ルパン』や『乱歩』を通して 親子の会話ができればいいなと 強くオススメします。

実際 そうやってオススメして 借りていった子供の中に
すっかり親がはまってしまい 次を借りてきて欲しいといわれた という事例もあります。
親子で同じ話題を共有したことで 楽しいコミュニケーションが取れたということも
子供たちから 報告がありました。
こういうお話って ほのぼのしますね。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ



スポンサーサイト




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/821-5ab0c913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)