FC2ブログ
中学校の図書室で司書をしています。図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴20年。中学校勤務。
現校は6年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



全国大会・・・全国SLA 第53回学校読書調査から②
全国SLA 第53回学校読書調査から 2回目の今日は
『読みたいと思わなかった理由』に 焦点を当ててみたいと思います。

統計で 小学生の理由に一番多かったのが
『本よりマンガや雑誌の方がおもしろい』の50.8%。
次が『本よりテレビやビデオ、ゲームの方がおもしろい』 46.0%。

最近出版される本は 挿絵に力が入っていて
手に取りやすくなったと思うのですが
それでもマンガや雑誌、テレビやゲームに勝らないようです。

図書室でも 日本の歴史や 学研のひみつシリーズなど
マンガ仕立てになっている本が やはり好まれます。
マンガだと とっつきやすいのは認めますが
やはり マンガは所詮マンガであり 読書と言うには やや かけ離れています。

でも 一番危惧しなければならないのは マンガではなく
テレビゲームなどのゲームに没頭する子供たちです。
読書もある意味バーチャル世界ですが 
想像力や創造力が培われるという点では ゲームにはない利点です。
そして 心が豊かになるのも 本ならではのことですね。

本の面白さを 子供たちに伝えるのは 私たちの司書の役目。
さっそく 作戦を練らねば・・・と 思いました。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ




スポンサーサイト




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>しぶちゃさん
ありがとうございます。
頑張れっと言われたら 素直に頑張ってしまうらりあんですw

最近は「友達と遊んでくる」と言って出かける子供たちって 
一緒の空間にいるのに 各々でゲームをやっているようで 
それを一緒に遊んでいるというのか・・・と 職員室でも話題になることです。
以前 ゲームをやめられない我が子のことを嘆く親御さんの話を聞いたことがあります。
これは 与えた親御さんにも責任があると 私は思いました。
与える以上は 与える前に約束事を決める必要があるのではないかと。

幼稚園と保育園では カリキュラムの違いから差が出てくるのでしょうね。

廃材利用の装飾については 保育雑誌に載っているんですね。
ありがとうございます。参考にさせていただきます^^
【2008/08/19 17:22】 URL | らりあん #XAUl15Aw[ 編集]

タイムリー
今朝の新聞で
ゲームの低年齢化を見て思ってたんです・・・

「ゲームだよなぁ~」って。

53回読書調査は別の民間資格をとるのにつかったのですが、気になったのは子どもが読みたい本を選べないことなんですよね・・・。

っていうか、小さい時からちゃんと本(絵本)に出会ってきたのかが気になりました。

幼稚園や保育園でも読み聞かせや紙芝居(ちょっとちがうけど・・・)はあるはずなのに。

私の実感なんですが・・・
幼稚園に通った子どもの方が
保育園に通った子どもより絵本体験が少ないようです。
全ての園がそうだとは言いませんが
幼稚園は何かの作業の前に読み聞かせをすることがおおい=絵本の余韻が打ち消される。
幼稚園に通っている子どもはお稽古で時間もつぶれている=忙しい幼児
保育園は比較的ゆったりと読み聞かせが行われている=家庭的なとこがあるから。
けど、家にかえって働く親が意識しないと絵本を親の読み聞かせで楽しむ時間は少ない

そんな子どもたちに
本の楽しさを伝える最後の場所は・・・やっぱり学校です!!
ボランティアを色々してきましたが
ボランティアでは限界があります。
その分責任もありません・・・確かに。

らりあんさん
がんばれ~!!
(なんか熱くなってしまった・・・^^;)

あ、
前に廃材利用で装飾を作ることかかれてましたよね??
あれって保育雑誌に壁面構成でいろいろ載っているのでよかったら見てみてください^^。
私が仕事してた時には『ラポム』『ピコロ』をみてました~。
私も、2学期から図書のボランティアで壁面してもいいか聞いてみるつもりです^^v。


【2008/08/19 15:44】 URL | しぶちゃ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/820-09c62541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)