FC2ブログ
中学校の図書室で司書をしています。図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴20年。中学校勤務。
現校は6年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



全国大会・・・学校図書館とNIE
ここ数年 耳にするようになった「NIE」。
「NIE」とは 「Newspaper In Education」の頭文字をとった略で
「教育に新聞を」という意味です。

新聞の重要性は 私自身とても感じているのですが
なにしろ 予算の問題があり
活用されないのであれば置く必要はないと 却下され続けています。
教師の方からの 購入の要望もまったくないので
導入の働きかけが更に厳しいです。

小学生向けの新聞は 全国紙では「朝日小学生新聞」や「毎日小学生新聞」があり 
地方紙においても 週に1日くらいの単位で 子供向けのページを設けている新聞社が多いです。
インターネット上に 子供向けのHPを作っている新聞社もあります。
1年分の新聞記事をまとめた「年鑑」のようなものもあれば 
1か月分の記事をまとめた「月刊ニュースがわかる」のような雑誌もあります。

このような新聞記事を利用した調べ学習は 
ご存知の通り鮮度がいいので 
リアルタイムの情報を収集するのにはとても便利です。

今の時期であれば 「原爆・戦争・平和関係」の記事は容易に集まります。

また これら新聞記事を利用した学習は 様々な効果をもたらします。
総合学習の成果が上がることに加え 読むことが大事になり
国語力・読解力・判断力・社会性が 知らず知らずの間に身についていきます。
自分の興味関心のある記事や総合で必要な資料などを 
ファイリングしてみれば 情報分析の力がつくことが体感できます。

今これを書いていて ふと思い出したことがあります。
司書課程の講義の中で 夏休みに出された このような課題がありました。
新聞の1面の下欄は新刊案内のスペースになっていますが
この新刊案内を毎日スクラップし 分類記号をつけていくというものでした。
特に興味を引くような本の紹介でもなければ
ほとんどスルーしてしまう欄ですが
スクラップ作業をするために 毎日新刊案内をみるわけです。

新刊案内を毎日見るだけでも すごい収穫です。
毎日これだけの本が出版されていることも去ることながら
読むことで得る知識の多いこと。
もちろん雑学もありですがw

テレビ欄からでもいいので 
小さいうちから新聞には慣れ親しんでおくことに 損はないと思います。

脱線しましたが 新聞記事を活用することを もっと授業に取り入れ
記事を分析する力 記事を読み取る力をつけさせてほしいですね。
インターネットで 容易に情報を得ることはできますが
検索語だけでの情報収集では それらの力は身につきません。

「教育に新聞を」 
本校もそうですが 1紙でもいいので 
学校図書館に新聞を置き 活用したいものですね。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ



スポンサーサイト




テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>えみさん
きっかけは司書でもなんでもいいですよ。
それで興味を持ってくれるのであれば。

では 司書のいない学校では 新聞や雑誌は生かせないのか 
というとそんなことはないですよ。
シチューパンさんが仰っているように 学級の取組もそのひとつですし
家庭での取組むことだって 工夫次第でできると思います。
家族で テーマを決め そのテーマに沿って調べるゲームをするのも
いいのではないでしょうか。
中学生だったら(反抗期でもなければw)
夏休みを利用して やれないことはないと思いますよ。

>司書さんがいるんだから 子どもたちがいろいろな物に興味を持つ機会を作ってあげたいですね。
司書とか教師という枠にとらわれず 親さんを含め 子供たちに係わる大人たちが
そういう機会を多く作ってあげられるといいですね。

えみさんのコメントを見て 学校司書の必要性を再認識しました。
えみさんいつも 貴重なコメントありがとうございます。
【2008/08/17 22:35】 URL | らりあん #XAUl15Aw[ 編集]


新聞に興味をもつというより 司書さんと関わることが嬉しくて 周りに来るんだと思います。
司書のいない図書室では 子供向けの雑誌ですら 無視されます。
先生が 図書室にいるだけで 子どもたちは大喜びで 先生の後を追っています。

でも 中学生くらいに 新聞に興味を持たせるのは テストに出すよとでも言わないと 見ないから
図書室に新聞を置いたり スクラップを展示するのも 司書さんがいて効果の出るものです。
折角 司書さんがいるんだから 子どもたちがいろいろな物に興味を持つ機会を作ってあげたいですね。
【2008/08/17 17:18】 URL | えみ #-[ 編集]


>シチューパンさん
コメントありがとうございます。
ちょっと話題性の高い記事を切り取って
コメントを入れて壁に貼っておくだけで
子供って 興味を示しますよね。
リアルタイムな情報や子供たちの興味あるものだと なおさらです。

新聞記事は学校で取っている地方紙から切り取ったり
我が家の新聞から切り取ったりします。
シチューパンさんのように 工夫すれば全国紙や地方紙はどうにかなりますが 
小学生新聞はなかなか難しいですよね。
理想はやっぱり 子供目線の小学生新聞がいいんですけどね。

>うまく生かせないところがジレンマですね。
うまく生かそうと力まずに
「結果 うまく生かせた」でいいんじゃないんですか?肩肘張らずにw
きっかけを与えてもらうだけで
子供たちって楽しんでこなしますからw

【2008/08/17 17:09】 URL | らりあん #XAUl15Aw[ 編集]


 自分は以前選択教科でNIEをやりました。(もちろん指導側です)

 読み比べやら、スクラップ作りを通して、いかに子供たちが世の中に目を向けていないかがわかると同時に、取り組んだ子達がニュースを面白いと思うようになる過程を実感しました。

 でも、家庭でも取っている率の高い新聞を図書館でとるのは、予算的に難しい。
 当校でも、きちんと購入した新聞でおいてあるのは地方紙1紙です。

 で、工夫です。
 先生方に協力的な先生に依頼し、先生方の家庭で取っている新聞を持ってきてもらうのです。
 これで結構集まり、1日遅れではあっても、新聞が図書室におけるのです。
 ためしにやってみてください。

 教科学習では年間の計画が決まっていますので、タイムリーな題材こそ扱いにくいんです。
 新聞を時事で教材にするのは、かなり意識がある先生の取り組みでないと難しいとは思います。
 
 そこで、もうひとつの工夫です。
 集まった新聞から「今週の世界」等のテーマでスクラップを展示し、関連図書を置くコーナーを作ります。子供たちは、とりあえず興味を持ちます。この取り合えずこそが、はじめの一歩だと考えます。
 ただし、忙しいとそれができなくて企画倒れになります。(自分のことですが・・・)
 
 自分も世の中の動きにアンテナを立てることは大切と思っています。
 夏休みの課題には、必ず自由課題として新聞スクラップを入れます。

 もしかして、もう実践なさっている内容だったかもしれません。だとしたら、ごめんなさい。

 自分はNIE、好きなんですけど、うまく生かせないところがジレンマですね。
【2008/08/17 15:50】 URL | シチューパン #3p3E4xCk[ 編集]


>えみさん
新聞を読ませる攻略・・・って 難しく考えすぎではないでしょうか。
図書室で司書が何げなく新聞を広げれば
好奇心旺盛な子供たちは すぐに集まってきますよ。
そこで ちょっとした記事に目を留め 「すごいね~」なんて一言発すれば 
子供たちは興味を示しますよ。たったそれだけのことです。
それは ごく自然な行動の中から起きることなので 
攻略という仰々しいことを 考える必要はないと 私は思います。

授業への新聞導入は 些細なことからでもいいんですよ。
いきなり記事に固執することは難しいです。
ですが 国語の授業だと ちょっとしたゲーム感覚で
「糸偏の漢字を5個見つけよ」とか「カタカナ文字を見つけよ」とかでもいいのです。
これは既に 授業に取り入れられていることです。実際に公開授業で見たこともあります。

えみさんの仰る「株」は かなり高度になるので
新聞に触れるとっかりとしては 株に対しての興味が多少でもなければ 
なかなか難しいのではないでしょうか。

ご家庭で 新聞記事を元に話題をすることも 新聞に触れることの一端で
「社会と繋がりを持つ」ためのきっかけが新聞なのではと思います。
【2008/08/17 12:01】 URL | らりあん #XAUl15Aw[ 編集]


こどもに 新聞を読ませる(見せる)攻略は考えてあるんですか?
私は 自分自身もそんなに新聞は読まず 子どもにも これは知っていてほしというところだけ
見せる程度です。
多少株をやっていると ネットやケーブルTVの株式関連ニュースをいち早く仕入れなければならず
新聞に載っていることは かなり時間のたった野菜のようなもので あまり興味がわかないんです。
こういう時代に 新聞は どういう役割をはたし読んだ方がいいんだと 子どもに進め 読ませるかを 
説明できないと 子供用の新聞を置くのは難しいと思います。
自分の子には 少しでもいいから 株をやりなさい。 そうすれば 絶対にニュースが気になるから」
と言ってるんですが お金にはまだまだ関心がないようで。
まず 家で どれくらい子どもがニュースを見ているか?
また 家族とニュースについて話をするかを調べてみてみるのも面白いかも。
私の工夫は 新聞人名探しゲームとか地名探しゲームとか 新聞切り抜き輪くぐりゲームとか
ミニ絵本に新聞貼り付けたりしています。
【2008/08/17 09:55】 URL | えみ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/818-00258152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)