小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


全国大会・・・学校図書館には専任司書が必要不可欠!
分科会「学校司書の活動」の中でも取り上げられていました。

学校図書館に人がいるということが 子供たちに どれだけ意義のあることか
司書が配置になった学校は その答えが目に見えてわかります。

司書がいることで 日本十進分類法に基づき 図書がきちんと分類・配架され
調べ学習に必要な図書は レファレンス依頼すれば 瞬く間に資料が揃い
子供たちの図書館利用率も 確実に上昇しています。

しかし 行政は 「とりあえず」司書を配置したに過ぎず
私たちの存在の大きさや成果には まったく目を向けていない現実。
学校訪問に来られた委員会や行政も 図書館の様子を
一度たりと覗いたこともなければ 気にかけてくださったということもありません。

図書館を覗いてみてください。
司書や子供たちのアイデアで 館内はさまざまな装飾で彩られ
子供たちが興味を示すようにと 司書のアイデアで配架に工夫をしたり
読み聞かせ会やしおり作りなどのイベントが行われていたり
啓発のポスター、手作りの図書館案内、図書館だよりなどが掲示してあったりして
「動いている」図書館を 体感することができます。

そこに集う子供たちが 楽しく生き生きと過ごしている
その姿を見て 図書館活動にもっと力を入れる必要があると
少しでも感じていただけたら・・・・。

司書が薦めた本は たいてい人気が出ます。
子供たちって そういう言葉を待っているんですよね。
「この本 ○○○のところが おもしろいから 読んでみてよ」
たった これだけのことなのですが
これだけで 子供って 読んでみようかな?って 思うんですね。
これって 私たち司書がそこにいるから 言葉かけができ
子供たちに意欲がでるんだと思います。
「常に人がいる」ことが いかに大事か・・・。

司書が常駐しない学校図書館の暗さを知っていますか。
必要な時にだけ鍵を開けて使う図書館には 「生」も「動」も感じられません。
それを示すかのように あるのは 誰も読まない古い本ばかりで
それこそ 図書館は ただの「倉庫」でしかありません。

学校図書館に司書は不可欠です。
そこにいつも人がいる・・・ 数校掛け持ちや短時間勤務ではダメなのです。
いつ図書館に行っても 司書がいる環境でなければ
司書を配置したとは言えません。

正規雇用8時間勤務の専任司書の配置を 早急に法制化してもらいたい。
司書教諭を全校配置しても 学校図書館は活性化しません。
司書教諭よりも司書の全校配置の方が 必要不可欠なのです。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>シチューパンさん
この話題になると 尽きないですねw

委員会などに ネットワーク化をお願いしても
行政が力を入れているところが企業誘致なので
教育に力を入れる方向に行かない限り 実現の可能性はとても低いようです。

さしあたって ネットワーク化を視野に入れた スタンドアロン型でもいいので 
とにかくパソコン管理ができるようになれば もっと図書を生かすことができる とお願いしても 
予算がないことを理由に まったく取り合ってももらえません。
結局のところ 委員会がはまらないと 私たちがどうもがいてもどうにもならないんですよね。

今年異動された教諭ですが 総合学習は図書館資料を使うことに拘って 指導されました。
早くから打合せをしておき その題材にあわせ資料の準備をします。
図書館資料を使った学習では 私もT.Tとして入り お手伝いをするのですが 
あらかじめ打ち合わせが出来ているので 学習の内容から方向性まで知り尽くしており
とっさに入っても 「痒いところに手が届く」状態で お互いにとてもやりやすかったです。

シチューパンさんが仰るように 
図書館での調べ学習に時間をかけることは 難しいということはよくわかっていたので 
そこはあらかじめの打ち合わせにより 無駄な時間を生まない工夫をしました。
普段は忙しくて打ち合わせはできないのですが その先生とは個人的に仲良かったこともあり 
夜 メールで打ち合わせをしていたので コミュニケーションが取れないということもありませんでした。

必要な資料はコンテナに集め その中から 本当に必要な資料を子供たちに見つけさせました。
膨大な図書から探すよりは 時間も短縮できます。 
また 6年生でしたので 総合のテーマは修学旅行がメインです。
ここに国語の「パンフレットをつくろう」をかませ パンフレット製作を修学旅行の内容にすることで 
国語の時間でも総合と連動した作業ができ 調べ学習を充実させることができました。

総合学習での図書館利用を活発にできるかどうかは 利用者側の教師の工夫する力
また 日頃から教師と司書がコミュニケーションを取れているかどうかも 大きいですね。
【2008/08/16 15:08】 URL | らりあん #XAUl15Aw[ 編集]


  図書館にかかわっていると、切実に感じる司書の専任化や図書館の活性化の必要性が、教育界全体となると、実際に問題と感じている人が少ないことが大きな問題だと思います。

 司書にはできなくて司書教諭にできることに授業プロデュースがあります。
 現場を知り、各教科の教育計画を知り、日々の教育活動をわかっているから、どこに図書館が入り込めるかを考え、その機会を提供できるのです。
 でも、現実は、総合の時間の設定や行事における時間割の変化などにより、図書館を使っての(または書籍を使っての)学習を行うほどの学習時間の確保ができません。
 いつのまにか、教室は考える場や知識を頭に入れる場であっても、自分で調べ確認する場ではなくなっているのです。
 先生方が図書館の必要性を思わなければ、図書館は書庫でしかありません。
 先生方の中には図書館が明るかろうと暗かろうとどうでもいい人がたくさんいるという嘆かわしい状況であることも確かなのです。

 自分はその状況打破のために、総合の個人の課題追究をさせるようにがんばってきましたが、本年度で転勤が決まっていますし、どうせだんだん課題追究はやらなくなるでしょという姿勢の教員が多いために、来年度からは旧態然とした状況になることは目に見えています。

 まずは先生たちの意識改革をしなければなりません。
 それが司書教諭の仕事です。

 その上で、実際の図書館運営を担うのが司書です。
 常駐し、教科にはT.T.として参加し、レファレンスをきっちり行える司書、これが必要不可欠です。

 自分は中学なので、読書センターとしての司書の重要性は小学校ほどではないと思っています。
 でも、だからこそ、司書は必要なんです。

 公共の図書館は、連携をしましょうといえば、自分たちは市民のための図書館で学生たちに本を占領されるような状況は困ると明言されます。
 バーコードによるデジタル化を、教育委員会は進めていますが、30校以上あるところで毎年1校ずつってのは、やる気があるの?と突っ込みたくなります。

 3年、備品の予算の2/3を人件費や設備費に投資して、一気に環境を整えてしまうだけでも違うんですけどね。

 ああ、また愚痴っぽくなってしまいました。

 うちは3年かけてシステムを自校式で整え、シンプルで使い勝手のいい図書館にしました。
 でも、静岡市は3年で強制配転なので1年勝負だと聞きました。
 来年度、新しい職場でまた図書館の担当になったら(図書館のキャリアは省みられることが少ないので、分掌で図書館を担当させてもらえるかは不明)、1年勝負でがんばりたいと思います。

 ファイトです!!
【2008/08/16 10:57】 URL | シチューパン #3p3E4xCk[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/817-c1ebc8b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。