小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大会最終日 木村裕一さんの素敵な講演
学校図書館全国大会最終日。

分科会1つに全体会、そして閉会式というスケジュール。
最終日の目玉は 「あらしのよるに」の作品で有名な 絵本作家木村裕一氏の講演。
一般参加もOKだったようで 子連れの親御さんもちらほら目に付きました。

ご本人は大変恥かしがり屋だそうで その恥かしさを取り除くために・・・と
ちょっとしたお遊びを入れたご挨拶から始まり すぐに和やかな空気になりました。

絵本を描くエピソードやら 「あらしのよるに」にまつわるお話
もうひとつのお顔である造形作家としての作品を交えたお話
著書「そのままのキミがすき」の読み聞かせなど 終始楽しく愉快なトークでした。

作家さんの素顔に触れたり ある絵本が出来あがるまでのエピソードや裏話、真意などを聞くと 
昨日の武田美穂さん同様 その瞬間から絵本の見方が変わりますね。
折に触れ 作家さんの講演を聴くのは とても大事だなぁと思いました。

共通して思ったことは 絵本作家さんは 
常に 子供の目線に立ち 子供の気持ちに近いところにいるなぁと思います。
気持ちも心も純粋でないと 絵本は描けないのかもしれませんね。

最後の最後まで おちゃめな木村さんでしたよ。

閉会式後に 木村さんのサイン会があることになったので
講演後 席を立った人が多く
閉会式終了まで会場に残っていた人は ずいぶん少なかったです。
これは課題ではないでしょうか。


大会の様子は まだまだ伝えきれていませんので
これから数日かけて お伝えしていきたいと思います。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/810-65b830a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。