小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


全国大会でもっとも議論してほしかったこと
来週 いよいよ全国学校図書館大会が幕を開けますが
全体会や分科会に このことについて語る場がないことが とても残念です。

「このこと?」

このこととは「私たち司書を巡る雇用形態について」です。
文科省の方や県市町村の教育委員会や専門家の方の講演でも良かったし
事例発表から意見交換会でも良かったし レポート研でも良かったし
なにかしら どんな形でも良いから 改善の糸口を模索するために
議論の場が欲しかったです。 
これほどの有意義な語らいはないと思うのですが
雇用については まったく触れられていないことが とても残念でなりません。

雇用面で 有資格者も無資格者も 条件や給与面で差異がないこと
これだけ 司書の重要性が明らかになっているにも係わらず
非正規雇用だったり 雇用年数を切られる雇用だったり
いつまでも改善されない状況を 誰も問題視しなかったのでしょうか。

せっかくの全国大会。
スキルアップをしたくても 非正規雇用者にとって
無給の8月に 大会参加費用の自費支払いは かなり厳しいものです。
非正規職員でありながらも 参加を強制的にし
参加費用の支援を行わない自治体は 多数あると思います。
教員の自主研は 当然自腹ですが
私たちのように 非正規雇用では 6500円の参加費用も
たかが6500円ではなく されど6500円なのです。
仲間内に 大会費用が出せなくて 参加を見送ったという人もいます。
とても残念なことですが・・・。

スキルアップ講座もあって ぜひ全部の司書に参加してもらいたいのですが
雇用や費用面で  参加したくても参加できなかった仲間を思うと 複雑な心境になります。

スキルアップは 時代が刻々と変わっていく中で とても大切なことです。
ですが その前に 雇用の改善が もっとも必要なのではありませんか。
これが何よりも大切なことではないでしょうか。
なによりもこの問題を優先にして 
議論の場を持つべき重要なことではないでしょうか。
正規雇用にすることで 司書の意欲も向上します。

司書を正規雇用にすることに 何のデメリットがあるのでしょう。
あるとするならば 正規雇用にすると発生する 賃金だけではないでしょうか。
学校においても 子供たちにおいても 読書活動においても 
学校図書館のすべてにおいて メリットの方が多いのは 一目瞭然ですよね。

財政の圧迫よりも まずは「子供たちのために よりよい教育とはなにか」
自治体のみなさんに考えてほしいです。
プラスの部分が大きいことは 誰もがすでに感じ取っていることですから。

もしかすると 大会の中で 「学校図書館施策」の講演の時でも
文科省の某課長さんが 語ってくださるでしょうか?
でも お役人さんじゃダメなんですよね。
現場にいる者でなきゃ。現場の声でなきゃ。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ





スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>えみさん
同感です。
政府も官公庁も大きなことには目が行きますが
小さなことは目をつぶる・・・ これじゃ良くなるものも良くなりません。
官僚をはじめ 国会議員の給与を大きく削減すれば 
地方交付税だってもっともっと落とせるかもしれないですよね。

夏は涼しく冬は暖かい場所で仕事をしている教育委員会は 
私たちがどんな思いで 暑い時期や寒い時期を過ごしてるかなんて
ほとんど考えたことがないと思います。

図書館にしても その他学校の営繕に係わることにしても
「踊る大捜査線」じゃないですが 
やはり現場に踏み込まないことには 実際どういう状況にあるかなんて
実感することはできないと思います。

だから机上の空論ばかり語られ 本当に必要なものが形とならないのでしょう。

全国大会で本当に取り上げて議論してほしいことは 
こういった細かいことなのだと 現場にいる人間は思います。
私たちを巡る厳しい雇用環境に もっと目を向けてほしいものです。
【2008/08/01 22:14】 URL | らりあん #XAUl15Aw[ 編集]


私たちボランティアにも 近くで開催される時は 声がかかりますが
やはり 参加費と交通費を考えるとなかなか行けません。
司書教諭の方たちも 暑い中 何日も参加して発表したりして それも大変ですよね。
湯水のように使うかと思えば 変なところではケチってお国のやることは いつもいいかげんです。
最近 古くなった公共の施設の空調に1億をつぎ込んだという話を聞きました。
1台30万円のエアコンとして 300台分。 あの建物に300室も部屋あったかな?
閣僚入れ替えたって 司書の数も給料も変わりそうにありませんね。
【2008/08/01 21:18】 URL | えみ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/802-12311f28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。