FC2ブログ
中学校の図書室で司書をしています。図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴20年。中学校勤務。
現校は6年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



人それぞれ感じ方や捉え方が違うのに
以前 ある先生が言われました。

「私は 読書感想文コンクールがキライなの。
なぜなら この本ならこう感じるべき こう捉えるべきという決まりはないもの。
感想文を評価するって 難しいものよ。
誰がどう感じても どう捉えたとしても それは人それぞれだし
その感性を評価するのは 間違っていると思うの。」

実は 私もそう思っていた一人。
1冊の本を読み 10人が10人 同じように感じるわけじゃありません。
ある子は 怒りを感じるかもしれないし
ある子は 共感するかもしれないのです。
それを とにかく評価し 賞をつけるのは
やはり 無理があるのではないでしょうか。
文の構成で評価するというのであれば
なにも感想文である必要は ないと考えます。

仮に 文章の構成など
感じ方や捉え方に重点を置かない評価としても
感想文を書いた子どもが そう捉えるとは限りません。

感想文は 書かせてもいいと思いますが
評価の対象にするのは やはりどうかと思います。
自由に書かせて 先生の返しの言葉がたくさんついた方が
子供たちは喜ぶのではありませんか。
それで十分ではありませんか。

感想文コンクールをするよりも 童話発表会にした方が
子供たちにとって かなりプラスになると思いますよ。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ




スポンサーサイト




テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>李斗さん
こんにちはぁ。
レスありがとうございます。
読書感想文にしろ感想画にしろ
評価は難しいですね。
感想画になると 毎年
賞を決める先生が変われば
視点も変わるわけで 
評価の具合がまったく違ったりします。

童話発表会というのは
課題がある場合とない場合があります。
低学年で5分 中高学年で7分程度の絵本を暗唱し 
朗読するのです。

記憶力とともに表現力も評価の対象です。
特に民話になると 表現力の深さは
とても重要になります。
5分 7分は とても長く感じますが
実際暗記した子供たちは
さほど時間をかけた様子はありません。
リズムで覚えてしまうのでしょうね。
子供たちは無限の可能性を秘めているので
こういう催しのほうが やる気を発揮するようですよ。
【2008/07/28 11:59】 URL | らりあん #XAUl15Aw[ 編集]


>先生の返しの言葉がたくさんついた方が

素敵ですね、そういうの。
私が生徒だったら嬉しいと思います。

童話発表会は、生徒が創作するってことですか?
それも良いですね!
想像力が身につきそうだし、書くにはまず読むことが必要だから、子供たち自身が読書の大切さを知れるんじゃないかなと思います。
【2008/07/28 09:59】 URL | 李斗 #iTIj9zU6[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/798-e07fefcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)