小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ともだちぐんぐん
運動会の練習が始まり 私も練習に参加するため
本来の仕事がおろそかになりつつあります。
毎年のことですが この時期は仕方ないと
諦めているので 自分の仕事ができないことでのストレスは感じても
職員が理解してくれているので 引け目を感じることはありません。

結果 読み聞かせも少々手抜きになり申し訳ないのですが
練習の前後の図書は どうしても削る必要があり 仕方ありません。

今日も練習の後の読み聞かせで 
時間も無かったので 軽めのものにしました。


ともだちぐんぐん

「ともだち ぐんぐん」 西内 ミナミ/作 和歌山 静子/絵 ポプラ社

こぎつねのダイダイは森へ出かけます。
蜂蜜を見つけたのでとろうとすると くまのこが
「このはちみつは ぼくのもの。ともだちにしかわけてあげないよ」と
ともだちになるために くまのこが ちからくらべをしようといいます。
だったらいいと またてくてく森を歩いていくと 次はうさぎと出会います。
そしてまた・・・。

ともだちをつくるためには 条件をクリアしないとだめなの?
いえいえ。
ダイダイは 条件をクリアせず 
思いがけない方法で 友達をつくることができたのです。

子どもたちの世界にも 友達づくりに悩む子どもがいます。
何げない一言で傷つけ また 何げない一言で救われることもあります。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ




スポンサーサイト

テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>すず13号さん
お疲れ様です。
古い本にも良い本がありますよね。
私も取っておきたいと思う本が
たくさんあって 悩んだ時期がありました。

でも 思い切りも潔さも必要だという結論に至りました。
古い本は どんなに中身が良くても
子どもが食いつきません。
ですので 予算が許せば 同じ本でも 
今時の装丁の本に買い換えていったがよいと思います。
装丁が今時になるだけで 
子どもたちの手に取りようが変わってきますから。

処分してから購入するのではなく
代替本が入った時点で 廃棄処理をすればよいと思います。

大きな学校だと 調べ学習室が別にあるのは
利便性を考えると とても有効です。
ただ かけ離れた場所にあるというのは
解消できないのでしょうか?
来年度の教室配置の際に
実現は難しくとも 働きかけをされてみては
どうでしょうか?

本の埃取りは 
ハンディーモップが使い勝手が良いですよ。
【2008/05/09 00:30】 URL | らりあん #XAUl15Aw[ 編集]


ラリアンさん、こんばんは~。
無事に二日目を終えましたっ。
今日は来週からはじまる2つの小学校への挨拶にいったりしました。
週に3回が中学校。残り小学校へ1回づついきます。5時間勤務です。

一度閉めるのがいいんですねぇ。それでこの学校一部屋ずらーーっと本があって、中央にテーブルがあるのですが、もう一部屋調べ学習用の部屋が二部屋くらい離れた場所にあるのが大変そうです。とりあえずメインの図書室からとりかかりたいと思ってます。

それで閉めるのが一番だとは思うんですが、その前に、ホコリをかぶりきった昭和の時代の資料などを処分する作業からすることになりました。でも小説などは古くてもとっておきたくなりますね。捨てる基準が難しいなぁと実感しています。とりあえず本当に捨てたいと思ったものから選んでいます。

挨拶などは苦手なので疲れましたが、本をパズルのように探して収めていくのはとても面白い作業でした。何しろ本が好きなので、この本どんなのかなぁ~、この作家大好き♪などと考えながら独り言もいいながら楽しめそうです。

友達って、永遠のテーマですよね。
我が子にも読んであげたいなぁと思いました。
【2008/05/08 23:11】 URL | すず13号 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/717-56638eea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。