小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


卒業生を受け止めて
「卒業生を受け止めて」
その言葉を私に残し 昨年度の6年担任は異動してしまいました。
「受け止める」ことは 残った者の使命だと思っています。

6年担任を多くされていたので
在任中から 卒業生が良く顔見せに来ていました。
それだけ慕われている先生です。
異動があるのは宿命ですので わかっていても衝撃が走ります。
退任式には多くの卒業生や元保護者から
たくさんの花束が届き 信望の深さを 改めて感じました。

そんな素敵な先生から 卒業生を託された私は
この重責を心して受け止めなくてはなりません。
私自身も この先生を 教育者としても 人間的にも 高く評価し
尊敬し 絶大なる信頼を持っているので 
頼まれたからには 私も全力で受け止めなくてはいけません。
もちろん その約束を果たすべく 
これまで以上に 小学校にやってくる中学生と向き合わなくてはいけないと
再認識したところでした。

始業式の日から 卒業生の訪問は絶えません。
たとえここに元担任がいなくても 心の拠り所なのでしょう。
私は 担任の代わりにはなれませんが
子どもたちとは 常に近い位置にいたし
私が元担任と仲良かったことは 子どもたちも知っているので
慕ってくれ 何でも話してくれます。

そんな子どもたちの声を しっかり受け止め
耳を傾けるだけで 子どもたちは安心してくれるようです。
私ももちろん 今日聞いたことは 元担任に報告するね と
ちゃんと橋渡しをしています。

元担任に届けた声は 子どもたちに電話やメールで返ってきているみたいなので
私自身も ほっとしています。

今日も 今年の春に小学校を卒業したばかりの 新中1年生が来ました。
ピカピカのセーラー服姿を写真に収め すぐに元担任にメール送信。
すると 携帯が鳴りました。
最初から 子どもたちに渡すと 奪い合うかのように
代わる代わる 先生との会話を楽しんでいました。

その姿が なんともほほえましくもあり 担任がここにいないことが残念であり
でも 声を届けたことの安堵感もあって なんだか良かったなぁと思いました。
手がかかる大変な子たちだったけれど 中学生になってみると
とても素敵な子どもたちだったなぁと改めて感じました。

中学生活が落ち着いたら 他の子たちも遊びにくるでしょう。
それはまたそれで 楽しみです。
でもここに 担任がいないことが とても寂しいです。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ






スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/689-a692b7b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。