FC2ブログ
中学校の図書室で司書をしています。図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴20年。中学校勤務。
現校は6年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



「子どもを褒め認めることは、子ども自身の自尊心を高める」
子どもを褒め認めることは、子どもの自尊心を高めること』に繋がります。

怒る時は厳しく怒り でも 褒める部分はしっかり褒め
認める部分はしっかり認めることが とても大事なことだなぁと感じています。
それは私が尊敬する教師から学んだことです。

自分の悪い部分や足りない部分を認め 
友達の良い部分はしっかり吸収し しっかり学び自分を高める

言葉でいうのは簡単だけど 実践することはとても難しいことです。
『友達を認め 自分を認め そしてお互いを高めあう』 
すばらしい学びあいです。

しかし このような姿になるまでには 
担任も子どもたちも いくつもの壁にぶつかり苦しみもがき 
どうすれば そこから脱することが出来るか
人は一人では生きていけないことを実証するかのごとく
幾度の経験を繰り返し 学んでいったのです。

なんとか「形」にはなっていたものの
ちょっと触れれば もろく崩れるものが
硬く太い芯がしっかり通った頑丈なものになるまで
教師が根を上げるか 子どもたちが根を上げるかの 我慢比べなのです。

教師の仕事に情熱を持っているからこそ
しっかり「はまること」ができるのだと
担任の姿をみて思いました。

子どもの可能性は無限大 と 良く言います。
それは ホントのホントだと思います。

学ぶことは 勉強することだけではなく
人として大切なこと」なのです。

支えあい 助け合い 高めあい・・・
どんな「あい」も大切にしなきゃいけませんね☆ミ


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ



スポンサーサイト




テーマ:教育 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>しぶちゃさん
こんばんは。レスありがとうございます。
今の関心事そして心配事は
親御さんだったら しぶちゃんと同じでしょうね。

でも 先入観というのもありますから
担任でないときの印象と
実際に担任として接してみた時の印象は
かなり違うと思いますよ。
確かに相性はあるでしょうが
いわゆる「えこひいき」というのは
私はないと思っています。
(絶対とはいいきれませんが)
ないというより そういう風に考えて
教育はしていないということです。

基本的に 子どもの良い部分は伸ばし 
足りない部分は自分で乗り越えられるよう
子どもの力を見出してくださいます。

もちろん先生に頼りきりではいけないので
家庭と協力しながらお願いしたいところだと思いますが。

基本的な部分は家庭ではぐくみ 
学校は子どもを伸ばすところでしょうか。
「自尊感情」も 同じでしょうね。
【2008/04/05 20:09】 URL | らりあん #XAUl15Aw[ 編集]

年度始めはバタバタですね・・・
春休み終わりを指折り数えております^^;。

うちの子も今の関心事はズバリ!!
「担任+クラス発表」
子どもにとって学年が下がるほど担任=絶対ですから・・・。
けれども、先生だって人間。
相性の合う合わないもあるでしょうし、それもまた子どもの人間関係の学習だと・・・(合わないと辛い1年だなぁ~)。

絵本をなぜ読むのかを考えていた時
今の子どもは「自尊感情」が薄いのかもと思いました。
「自尊感情」はコミュニケーションからうまれます。小さい時からTV・ビデオ・ゲームに囲まれ
放課後はお稽古で遊ぶ時間もなければ友達もいない。そうやって育つ子どもがコミュニケーションを学ぶ場所は、もはや学校くらいじゃないかと・・・。本当は家であるはずなのですが、今は親もケータイ・ゲーム・TV世代ですから・・・。
 
大人もコミュニケーションを欠かさないよう子どもにも見本を見せないといけませんね・・・(自戒も含め・・・^^;)
【2008/04/05 07:19】 URL | しぶちゃ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/684-263fde38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)