小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


長い長いなが~~~い1日
長い1日でした。

新年度最初の職員会議。
例年同様ですが 担任決めは 本当に困難を極めます。
小さい学校ほど つくづく難しいと 改めて思いました。
動かせる人が少ないですから。
かえって大きい学校がスムーズではないかと思います。
そんなことはないよ!という声も聞こえてきそうですが・・・。
大きな学校にも大きな学校なりの問題があるでしょうしね。

これまでの経験の中で 担任決めだけで
3日間費やしたことがあります。
涙を流しながら 切実に自分の考えを言われる先生もいます。
はたまた どの学年でも引き受けますという
大胆で でも それが教師の中の教師と思える潔さもあり
それとは逆に 専科ではなく担任じゃなきゃ嫌だと
駄々をこねる先生もいますしね。

組織というものは 一丸となって動くものですから
あまり個人の思いを強くだされても うまくいかないんですけどね。

しかし なんとまあ 担任決めも 二転三転しますね。
この駒を動かせば あっちの駒を動かさなくてはならなくなり
あっちの駒を動かせば また そっちの駒を動かす という
まるでパズルを動かすかのように なかなか簡単にはいきません。

結局は 校長の一声で 収まったりもするんですけど
そうなると しこりの残る方もいらっしゃるようで・・・。

年度始めの職員会議は 担任決めだけじゃなく
他の案件も てんこもりなので 
正直 担任きめは さくさくすすめたいところでしょうけど。

今回は 校長の一声で 良い方向に転がる先生もいたのですが
それでよかったのかは・・・ これからの日々の様子でわかります。
しかし どんな結果にせよ 引き受けた以上は責任と任務を自覚して
しっかり子どもを育てていくのがプロですから
どの先生も 決まった以上は 誠心誠意頑張りますよ。


担任きめが終わり 校務分掌の担当割り。
私は当然「図書館教育」です。
12学級以下の本校は司書教諭がいません。
一応 主任という形で教諭が入りますが
結局 主で動かすのは 私ですので
誰が担当になっても 支障はありません。

逆にいろんな先生に経験してもらい
図書館教育の必要性を感じ 
学級に持ち帰り実践に結びつけてもらえれば
私としては収穫かな・・・と。
結局 司書教諭がいようがいまいが
司書が居れば 特段することはない気がします。


まだまだ明日も会議は続きます。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ

スポンサーサイト

テーマ:小学校 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/683-36dab0b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。