小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


職朝で提議しました
昨日の絵本の件 今朝の職朝で職員に提議しました。
新年度でも良いかと思ったのですが
新学期が始まれば 慌しい毎日が始まり
時間確保が難しいと思われ
今の少しゆったりした時間に 
まずは絵本に目を通してもらいたいと 提議することにしました。

絵本を持ち 事象を説明し
ぜひ 先生方に 一度絵本に目を通してもらい
ご意見をお聞かせくださいと。

他の先生とお話したのですが
「うちの学校はきっと この絵本を悪い方に捉える人はいないよ」といわれました。
私も それは百も承知で 
うちの学校では マイナス要素で考える人は1人もいないと信じています。
というか 絶対にいません。
むしろ 肯定的に考えてくれるでしょう。
そうだとしても やはり一度は絵本に目を通してもらっておきたいと思いました。
そして 様々なご意見を聞き どうすることが良いのか
また 子どもたちに伝える術を 模索しようと考えています。
もちろん この絵本のよさを伝えるために。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓





ブローク 司書 ブログネットワーク

お得なポイント貯まる!ECナビ


スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>しぶちゃさん
こんばんは。レスありがとうございます。
仰ること ごもっともです。
いわゆる「良い本」ばかり与えていては
子どもの心は育ちませんよね。
善もあり悪もあり その中で判断力が養われ培われ・・・。
しぶちゃさんの仰るように
絵本だけでなく どの世界でも同じことが言えますね。
与える側が取捨選別するのではなく 
受け取る子どもたちが良し悪しを判断できる力を育てることこそ 
もっとも大事なことだと私も思います。
甘い汁ばかり吸っていては・・・ですよね。

今夜はのんびり 自分の時間を楽しんでくださいね^^

【2008/03/29 23:02】 URL | らりあん #XAUl15Aw[ 編集]

はるやすみです^^
今日は子どもたちが、ばあばんちにお泊りで
私も1日、春休みです。

読み聞かせ・・・

私が初めに勉強した講座では色々な考えを聞きました。
“これから生きていく子どもに良い本とは・・・”
シビアな選本、本の選びかたの姿勢など。
その時は 「そうか・・・大人の課題ものを子どもに与えるのはいけないのか」 とか 「生きていくことの楽しさ・嬉しさが心も成長させるのか!」とか、・・・刺激されました。

・・・けど・・・

時間もたち
今、考えは少し違ってきました。

確かに嬉しさ・楽しさは子どもに伝わりやすく
小さな子でも共感できます。
けれども、生きていく中では悲しさ・残酷さ・我慢・・・心に辛いことの体験もいっぱい必要です。
その体験(絵本体験でも)なしに
物事の両面・・・裏表があることは子どもたちに伝わらないのではないかと思います。

1冊の絵本に対して
いい評価・そうでない評価、色々聞きます。
人それぞれ、感じ方が違うように
初めから排除せず
伝えることも大事だと思います。
それは、子どもの成長にみあったタイミング・時期にあってこそのものだと。
そしてもちろん、その判断の手助けになるような
日ごろからの読み聞かせやコミュニケーションは必要不可欠です。

(この本を今、この子どもに伝えていいのだろうか?この子なら伝わるだろうか?)

選本は、対象の子どもを思ってするのですから
心を配って、悩んで、考えて決めることから「読み聞かせ」は始まっていると思います。

「いい本か、そうでない本か?」より
それを選べる心の目を養うことが大切ですよね^^。

ながくなりましたm--m。


【2008/03/29 22:38】 URL | しぶちゃ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/677-48491d0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。