小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


背とのどの修理
背とのどの修理?
保健室じゃあるまいし 何を言っているの? とお思いのあなた!
背とのどがあるのは 生き物だけじゃありませんよ~
本の部分の名称」なのですよ。
本には すべての箇所に名前がついています。

どんなに大事に扱っていても いつか本は壊れます。
人気のある本だと 修理をしますが
あまり読まれる頻度の低い本は 修理せずに廃棄することもあります。

一番多いのは 背の破れや文字のかすみと のど部分の破損。
背は破れたり外れたりしているので ブックコートの切れ端を使って
修理しますし のどの部分はページヘルパーを貼って修理します。

のどの部分は 時々 保護者の方や子どもたちが気を利かせて
修理をしてくれるのですが セロテープで貼り付けてくださいます。
セロテープは 時間が経つと 色がさめ 黄色に変色します。
また テープの成分が乾燥し パリパリになってしまうこともあります。

そうなると セロテープを剥がすこともできませんし(破損の原因になる)
もし うまく剥がれたとしても  テープ痕が残ります。

本の破損や汚損を見つけた場合は 
修理をせず持ってきていただけると 本専用の修理道具で修理します。
ブックコートにしても ページヘルパーにしても
本の修理のために作られたものなので
粘着力も 見た目も とてもきれいです。

本の修理が必要になったら 司書に任せてくださいね。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/623-468a07b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。