小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


用はないんだけどね
体育の後 移動教室の後 
まっすぐ教室に戻らず 図書室に来る子どもがいます。
本を読むわけではなく 私に会いに。

特に用事があるわけではなく・・・
おそらく「かまってもらいたい」のでしょうね。

まあ そういう時って
学級で何かあってるんですよね。
自分のことだったり 友達のことだったり
学級の空気だったり 満たされないものがあったり。

話を聞くのも仕事。

・・・と 前任の校長先生に言われました。

去年 ある学年の子どもたちの様子がおかしかったとき
図書室は 子どもたちの逃げ場になっていました。
毎休み時間 代わる代わる来る子どもたちの話を聞く
そんな毎日でした。

そんな毎日だと 本来私がすべき仕事は滞り
私自身が仕事が回らない壁にぶつかります。

そんな時 校長先生が
「話を聞くとも仕事だけん。な~ん 仕事ができてないとじゃなか。
そんな時もあっとだけん。子どもの言葉を受け止めるのも大事な仕事。」

救われました。
子どもの話に耳を傾けつつ でも自分の仕事は完璧にやらなければ・・・という
妙な正義感でいっぱいだった私ですが
それ以来 子どもが来た時は 仕事の手を休め
これまで以上に じっくりと話を聞けるようになりました。

「用はないんだけどね・・」
そんな言葉を口にする子どもに限って 何かあります。
何かあったのかと追及するのではなく
子どもが 自分から話したいという場でありたいと
ゆっくり時間をかけて 子どもとのコミュニケーションをとって
胸のうちを聞きだしていきます。
こぼれる言葉を聞き逃さず しっかり受け止め そして 担任に繋ぎます。
それも 大事な仕事なんです。

図書室や保健室で 子どもたちのSOSに気づけるうちはまだ
救うチャンスがあります。
だからこそ これからも ずっと 子どもたちが癒される場でありたいと思います。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ

スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/606-aaf36560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。