小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


教員の「心の病」
記事になっていましたね。

【教員の「心の病」過去最多 公立校で4675人】 (Yahoo抜粋)
少なからず本校も例に漏れず・・・です。
今現在は 1人の教師が休職中。やがて丸2年になります。
数年前には2人同時に休職されたこともありました。
同じ学年を受け持つ教師だったので 
それはそれは大変だったことを思い出します。

教師の仕事は確かに忙しく大変です。
最近は「モンスターペアレンツ」と称される状況も
少ながらず起こっています。
週末も 子どものためにと 部活の試合を見に行く教師もいます。
その部活担当者もまた 放課後や週末にも練習があり
とても大変だと思います。

そんな中 「心の病」は 紙一重だと思います。
一度そういう自分を認めてしまったら
ますます症状は悪化傾向にあります。
「病は気から」といいますが 本当にそうだと感じずにはいられません。

教師の「心の病」をとく薬は 教師の負担を軽くするのが一番の特効薬。
まずは 一つの学校におく教師を増やすこと。
2人担任制も視野に入れるべきではないでしょうか。

これだけ 混沌とした社会の中で 
創造持つかない事件も増えています。
一人一人の子どもに目を配らせるのは 担任一人ではとても難しい。
2人体制で挑めば 一人の教師になにがあろうとも
もう一人の教師が すべて把握しているので
どんな場合においても フォローもしやすく 目も行き届くと思います。

それでも 指導力不足の教員は 休職せざる得ないでしょうけど。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ


スポンサーサイト

テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/584-1eb678f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。