小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


誰も居ない学校
見学旅行や校外学習で 全学年出払っていたので
図書館も開店休業。
こんな日はたまった仕事をするか
割り切って 休暇を取ってリフレッシュするかと後者を選択。
のんびりした1日を過ごしました・・が
なんと風邪を引いてしまい 声が出なくなってしまいました。

風邪を引くと 喉からやられ
声が出なくなること しばしば。
声が出なくて困るのは 読み聞かせができなくなること。
楽しみにしている子どもたちには申し訳ないのですが
出ないものは出ないので どうすることもできません。

担任によっては こんな機会は滅多にないと
自分で読み聞かせを始める先生と
それは残念と 読書のみにする先生と
それなら図書はやめようと 
図書の時間をカットしてしまう先生と 実に様々です。

私は思うのです。
こんな時こそ 担任の読み聞かせをやってほしいと。
私が声が出ず読めないことをチャンスだと思って
このチャンスを生かして欲しいと思います。
読み手側になると 子どもたちの様子で
見えないものが見えることがあります。
授業では身の入らない子でも 読み聞かせは違う子ども
その逆だってあります。
そういう子どもの姿を見るチャンスだと思うのです。

たまには・・ 
そんなサプライズも子どもたちは楽しみにしているのですよ。
国語の時間とは違う目の輝きを感じることができるかもしれません。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ

スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/521-a4b8e260
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。