小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


クローズド・ノート
映画が始まり気になっていた「クローズド・ノート」。
携帯小説から映画化されたのですね。
知りませんでした。

小学校で司書をしていると 
携帯小説はほとんど視野に入りません。
勤めている小学校が田舎だからなのか
子どもたちが純粋すぎて 
携帯小説を読みたいとは言わないんです(笑)
だから 購入の視野に入ってないというか。

でも 気になったので
こういうときは コレに限ります。

クローズド・ノート

「クローズド・ノート」雫井脩介/原作 柴田五十鈴/漫画 角川書店

部屋で見つけた 前の居住者の日記。
この日記を開いた時から 
主人公の香恵の「日常」が大きく変わりはじめます。

おれは携帯小説で 携帯小説というといつも賛否両論ですが 
この「クローズド・ノート」は 
「いつもの」携帯小説の概念の中に入れてしまうのは 
どうなのだろうと感じました。
確かに 恋愛色が強くて さすがに小学生には・・という気もしますが
この物語から得るものは「温かい感動」であり
その「感動」は 人として大事な感覚であり
切なさを含めて 喜怒哀楽を 身をもって感じることは 
感情表現の下手な子どもたちには必要だなと感じます。

そういう意味では 携帯小説という形で触れるのではなく
小説を位置づけ 小説からでも
映像(映画)からでも この感動を味わって欲しいと思いました。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ


スポンサーサイト

テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/489-9455d291
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。