小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


責任を持とう
3日 この日から夏休み貸出図書の返却が始まります。

夏休み用に貸出した図書は 学年により異なりますが
一人2冊から4冊までと 
いつもの2倍から4倍の貸出をしていますので
返却の手間がかかります。

しかし この返却を終えてしまわないと
2学期の貸出はいつまで経っても始まりません。

忘れている人には 学級での声賭けは欠かせません。
忘れている人を責めても 
持ってこないことにはどうしようもなく
だとしたら 忘れている子に 
しつこくない程度に 声かけをお願いしています。

下校の時や朝の登校班で集まった時に
確認をしてもらうと なお効果的ですが
相手は小学生。そこまで気がつく子どもはなかなか・・・。
担任や本人が連絡帳に一言添えるのも
家族の声かけが期待できるので効果があります。

自分の借りたものに責任を持つことが大事です。
探す努力は怠ってほしくありません。
学校の図書を失くしても弁償を求められることはありませんが
だからこそ 責任は感じて 探す努力はしてほしいのです。

図書に限らず モノを大切にする大事にする心がけは
忘れないでほしいですね。

今は紛失が1つもないことを祈るのみです。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/465-ce38cc8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。