小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


研修会
研修会に参加してきました。

どんなにためになるお話でも どんなに内容が良くても 
話し手の話し方一つで 伝わるものがなく
残念な結果に終わることがあります。

またその逆で とりわけ管理職についているわけでもないのに
人に思いを伝えるのが上手で 人をひきつける力がある人の話は
聞き手も非常に受け止めやすく 心に残るものがあります。

その見極めは 居眠りですね(笑)

居眠りも 侮れませんよ。
だって 話が面白ければ 睡魔どころか あくび一つ出ませんよ。
興味があるかどうかも 理由の一つではあるかもしれませんが。

私たちの職業は 「伝える」という行為がとても重要だと思います。
伝えたいことを的確に見極め 言葉を選び 強弱をつけ 伝えていく。
とても簡単なことのようですが 
やってみると 非常に難しいことです。

また 発する言葉には責任が伴います。
いい加減なことや推測ではモノは言えません。

講演の内容の一つに 実体験を語るというものがあります。
実体験は信憑性がとても大きく(当たり前ですが・・)
講演者も 自信を持って伝えるせいか 心に響きます。

ところが 行政の政策みたいなものは
言っていることは理解できないこともないですが
私たちの力ではどうすることもできないことを力説されても 
どうなんだろ?と思うことの方が多く 興味が薄れてきます。

現場で働く司書の 生の声を聞くことが 一番興味が沸きます。
共感することもあり 尊敬することもあり
工夫の糸口を手繰り寄せられたり ヒントを得たり・・・。
奪えるものは奪って 自校で活かしたいですね。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ

スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/428-7bb1f258
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。