小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


手腕
図書の購入計画を立てる時のこと。

様々な本を吟味するのですが 
本を手に取り または カタログを見ながら
目を閉じると この本を読んでくれそうな子どもの顔が浮かびます。
顔が浮かんだら 一応 購入リストに入れておきます。

もちろん その逆もあります。
誰も浮かんでこなかったら その本にランクをつけ
ランク別のリストに入れておきます。

予算が厳しい中で本を購入するためには
やはり無駄な買い物はしたくありません。
読む子どもがいて 本の利用価値は上がります。
良い本だからと 本棚に並べるだけでは
タンスの肥やし同様 場所ばかり取って・・・になってしまいます。

でも 誰の顔も浮かばなくても 
これはどうしても外せない本というのもあります。
そういう場合は いかにこの本を読ませるか の戦略を考えます。

①読み聞かせに利用する
②POPをつけて目立つよう展示する
③図書館便りで紹介する

絵本であれば 読み聞かせに利用するのが一番良い方法です。
絵本以外の時は 読み聞かせの後やオリエンテーションを利用して
紹介することもあります。

②は司書としての腕の見せ所です(笑)
すなわち子どもたちとの駆け引きですから。
いかに子どもの視線をひきつけるか 手に取らせるか
一種の経営戦略と似ているかもしれませんね(笑)


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ

スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/399-4c82e646
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。