小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


選書
各地でブックフェアが開催されています。
私どものところも 近々開催されます。

出張という形でブックフェアに参加し
予算の2/3ほどの図書を購入します。

今 ブックフェアに参加する前の下調べに勤しんでいますが
これが実はとても重要なのです。

ブックフェアは 児童書の展示が約5万冊ほどあります。
5万冊の本をすべて手にとって 開いてみることは不可能です。
そのために ある程度 的を絞っておく必要があります。

書店から届けられた 膨大なブックカタログや
書店で実際に手に取って開いてみた本や
メディアで大きく取り上げられていた本をピックアップしておきます。
ですが ピックアップしている本をすべて購入するわけではありません。

書店からもらうカタログは 積み上げると20cmくらいになります。
これだけ目を通せば ピックアップされる本は
予算を有に超えてしまいます。
ピックアップした中でも 特に購入の必要があるものは
あらかじめ マーキングしておきます。
マーキングした本は ブックフェアで 
最初に現物を手にとって中身を確認し 購入の有無を決めるためです。

ある程度の絶対値が定まると おおよその予算残が見えてくるので
ピックアップリストを見ながら 会場の隅から実本を手に取り
中身を確かめながら購入を決めていきます。

ある程度 まとまった冊数になったら
もう一度よく確認して購入を決め 
書店さんに金額を打ち出してもらいます。

金額が出ると あとどれくらいの購入が可能なのか見えてくるので
予定していた金額より少ない場合は また会場を回り
吟味し選んで加えます。

もっとも頭を悩ませるのは 
既存の本を過って購入してしまうことです。
ある程度 自校の蔵書は頭に入っているのですが
時々 所在の有無が判断できず購入してしまい 
戻ってから確認すると 蔵書として存在していた
・・ということが 全くないわけではありません。

返品も引き受けてもらえないこともないのですが
やはり 書店さんにも手間がかかるので あまり頼めません。

選書も佳境です。
手を休めている時間はありません。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓







お得なポイント貯まる!ECナビ




スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/373-4646b018
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。