小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ケータイ小説の購入について
ケータイ小説の購入についてご質問がありましたので
今日はこの話題を取り上げさせていただきます。

司書部会でもたびたび話題に上ります。
ただ小学校では 子どもたちの話題としてはチラホラ上がりますが
まだ取り上げるほどの声は上がりません。
読みたいという子どもが全くいないわけではありませんけど。
もちろん 私がお勧めとして購入してしまえば
これが口火となり リクエストが増えることは予想されますが・・。

しかし中学校や高校では 
子どもたちが欲する本の上位に上がっていますね。
これだけメディアで話題になり
書店でも目に付くところに並んでいれば 
意識していなくてもケータイ小説が目に入ってきます。

おそらくメディアでの取り上げ方が 
恋愛一辺倒にストーリーを伝えるので
「あまりよろしくない」イメージを植えつけてしまっているように思います。
ドラマ化されたものも やはり悲喜交々の恋愛モノが多く
更にそのイメージを増殖させているような気もします。
その結果 『ケータイ小説=恋愛小説』と
誰もが捉えてしまっているのでしょうね。
さわやかな恋愛モノもあるし 恋愛とはかけ離れたものもあるというのに。

さて 購入についてですが
中身を吟味して選書すればよいのでは・・・と思います。 
ケータイ小説の中にも ストーリーが良いものはたくさんあり
大人がしっかり中身を見極めて提供すれば良いだけのことだと 私は考えます。

ただ周囲の理解を得るためには 
否定的な人を納得させる必要があります。
そのために 私からひとつの方法を提案させていただきます。

それは・・・
取引先の書店にお願いして「見計らい図書」として
ケータイ小説をお借りし 職員室に並べ 全職員に見てもらい
アンケートに答えてもらうことです。

「見計らい」に持ってきてもらう本は 書店にお任せするのではなく
司書の目から見てピックアップしたものが良いでしょう。
いわゆる批判されている種類の本も混ぜることをお勧めします。
なぜなら 良い本だけを選ぶと
それは 一目瞭然 購入を納得させるように仕組んだと
思われないとも限らないからです。

まずは ケータイ小説がどんなものかを知ってもらうことが一番です。
そして中身を見てもらい 子どもたちに提供してよいものかどうかを
全員の目で判断してもらいましょう。

アンケートは記名式が良いと思います。
なぜかというと 思い込みが激しく 
全く目を通さず批判的に思っている人がいたとして 
その人にも納得してもらえるように 
司書から個人的に本を紹介し 読んで判断してもらいたいからです。

アンケートの内容としては 以下でよろしいかと。
①ケータイ小説の印象は?
②読んでみての印象は?
③子どもたちへの提供についてどう思うか。
④子どもたちに読ませたいと思う本はあったか。その本のタイトルは?


ケータイ小説のすべてが恋愛モノではありません。
いろんな分野の本があることを 
本の専門家である司書が紹介していきましょう。
ケータイ小説に対しての頑ななイメージが取り除けたら
他の本と同じように 子どもたちのリクエストをある程度取り上げながら 
購入に至れるのではないでしょうか。

子どもたちを読書に誘(いざな)うことは私たち司書の役目です。
本好きの子供を一人でも増やすことができれば 
私たちの役目は果たされます。
図書室の肥やしになっている本を生かすには 
私たちの手で読ませる工夫をすることが必要ですし
人気のある本を提供することは 
スーパーの特価品や日替品と同じで
子どもたちを図書室にひきつける上で 
とても重要な宣伝活動だと思います。

人気のある本は黙っていても借りていきます。
できれば ケータイ小説から 
図書室にある既存の本(あまり読まれない本)に誘えるように
ブックトークのような展開で展示するのも一手ですね。

「見計らい」については 取引のある書店に相談されてみてください。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ

スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>getter123さん
ひとつの方法として参考にしていただけると嬉しいです。
【2007/05/06 23:43】 URL | らりあん #XAUl15Aw[ 編集]

ケイタイ小説について
大変、参考になりました。
ご意見を参考にして、業務に生かしたいと思います。
ありがとうございました。
【2007/05/06 23:25】 URL | getter123 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/348-1d0f4c50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。