小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自分を鍛える
購入した図書の分類はどうしていますか?

日本十進分類法と睨めっこしながら自力でつけている人
本の奥付に記載されている分類を丸写ししている人
納入業者にすべてお任せにしている人

様々だとは思いますが 
日本十進分類法を網羅しているのは私たちだけ。
その分類の意味合いも 分類の仕方をも知っているのは司書だけです。
なのに 最近は自力で分類をしないという話をよく聞きます。

なんと情けないことでしょう。
忙しくて分類する暇が無いというのは言い訳に過ぎません。
各々の学校の傾向や本の特性、利用形態を踏まえ
自校に見合った分類をするのが私たちの大事な仕事です。
その分類を人任せにしたり本任せにしたりするのは
司書のプライドも何もあったものではありません。

分類は訓練です。
数をこなせば自ずから分類の仕方は身についてきます。
学生の頃は毎日のように 新聞の一面下にある書籍の紹介を見て
分類の訓練をしたものです。
脳は使わないと退化してしまいます。
せっかく頭に入れている分類法も 
自力で分類することを繰り返さなければ
時間の経過と共に忘れてしまいます。

司書としてのプライドを持っているのならば
その分類がたとえ間違ったとしても 自力で分類をしましょう。
そして 奥付に書いてある分類は 参考程度にすべきです。
自力の分類に迷った時には 奥付や他の図書館の分類を参考にし
(カンペでも見るように(笑))
その根拠を自力で調べるくらいはしないと 自分のモノになりません。

分類に大事なのは 分類しようとしている本をよく知ること。
まるっきり目を通さず中身を知らないままでは
確かな分類はできませんから。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ

スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>moonさん
こんにちは。
学校独自の分類は これこそ利用者の立場に立って・・ということですので とても良いことだと私も思います。
厳密に分類をつけることも大事ですが 利用者の立場に立ち この本がどこにあるのが一番探しやすいか どこにあれば一番利用価値があるかを考え 分類することは大切だと思います。
【2007/05/05 20:14】 URL | らりあん #XAUl15Aw[ 編集]


ウチでは納入業者がつけてきますが、
間違っている場合も多いのと、
学校独自の分類があるので、
戦争や平和関係、ことわざ、ペットと飼育関係などは
分類番号を統一して子ども達に分りやすいようにしています。

分類番号については、図書の時間に子ども達に説明をして理解してもらうので、
こちらもしっかり勉強しなくてはなりません。
【2007/05/05 17:11】 URL | moon #-[ 編集]


>getter123さん
こんにちは。
getter123さんの仰っていることに 私も同感ですよ。
ケイタイ小説のことは 司書部会でもたびたび話題になります。
今日のブログテーマにさせていただきますので 後ほどお読みいただければと思います。

分類についてですが 目録システムからDLするタイプでも 本当にそうなのかな?と思うことがあります。(自分が正しいとは思いませんが・・・)
やはり学校の特色を踏まえて 分類する事が大事ですね。
【2007/05/05 14:06】 URL | らりあん #XAUl15Aw[ 編集]

こんちには
アドバイスありがとうございました。

分類についてですが、私は、まず、自力で分類を試み、それからネットで国会図書館にアクセスし確かめています。しかし、全然違っていることがあり、呆れます。

ところで、また、ご相談したいことがあります。やはり、選書についてです。
ケータイ小説は生徒からの要望が多いですが、国語科の教師に相談したところ、論外と一蹴されました。読みたかったら、自分で買えばいいと言います。

私としては、別に良いのではないかと思うのですが。それをきっかけに他の本にも手を出すようになるかもしれませんし。

本当にジレンマです。
こちらが良いと思う本を積極的にアピールしていくことも大切ですが、全く読まれないなら意味がないようにも思えますし、生徒の要望をできるだけ聞くようにすることも大切ですが、生徒一人一人、全然興味が違います。また、ともすると、迎合したり媚を売ることにもなりかねなかったりします。要は、バランスでしょうが、どうバランスをとっていくべきでしょうか。それから、ケータイ小説は、本当に好ましくないでしょうか。

質問ばかりですいませんが、よろしくお願いします。
【2007/05/05 11:44】 URL | getter123 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/347-c9144c5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。