小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


品定め
この連休は特に予定も無いので 書店めぐりに勤しんでいます。
時間がたっぷりあるので ゆっくりと手に取り眺めることができるので
購入の下調べとなっています。

学校の予算管理はどこも同じでしょうが厳しいので
登録の業者さんしか使うことができません。
また使用に当たっての制限も厳しく
割引の無い書店での購入はできなくなっています。
ですので 家の近くに大型書店がありますが
本当に眺めるだけになっています。申し訳ないのですが・・・。

書店もそれぞれに特色があり 扱っている本の傾向も様々です。
ですので ○○に強いのは■■書店 △△に強いのは××書店と
こちらも使い分けて 品定めに挑みます。
しかし絵本に関しては どこも1割程度の扱いしかありませんね。
やはり たくさんの絵本が揃えてある
ブックフェアでの購入に力が入ります。

全国各地で開催されるブックフェア。
ぜひ参加してみてください。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ

スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>getter123さん
はじめまして。らりあんと申します。
どうぞよろしくお願いします。
初めての勤務で一人職場はとても不安ですよね。心中お察しします。
中学生を図書館に惹きつけるには
小学生とはまた違った作戦も必要ですしね。
それでも小・中共通してこれはぜひというものに
「リクエストBOX」があります。
やはり子どもの声というのは大事で
自分の知らない分野の本を教えてくれたり
今子どもたちが読んでいる本を知る目安になります。
もちろんリクエストに出された本を吸い上げることも必要ですが 
リクエストの中から「これは」という本を見極める力も必要ですね。
「見極め」と言葉でいうのは簡単ですが
選書の経験を重ねていくうちについていく力です。
経験を積んだ私でもまだ選書の失敗はたくさんありますよ(苦笑)
このようなブログで参考にしていただけるようでしたらまたいらしてくださいね。
【2007/05/04 20:18】 URL | らりあん #XAUl15Aw[ 編集]

はじめまして
初めて訪問いたしました。
私は、この4月から中学校で臨時の司書をしていますが、初めての経験で、しかも一人ですので、分からないことも多く、特に、選書に悩んでいます。
このブログを参考にさせていただきたいと思いますので、ときどき訪問するかと思います。
よろしくお願いします。
なお、自分のブログは、司書とは全く関係なく、主に、社会風刺や毒舌の記事を書いています。
【2007/05/04 18:43】 URL | getter123 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/346-dc69eaf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。