小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


怪物ヌングワマをたいじしたむすめの話
蔵書点検前の最後の読み聞かせ。
2年生に3冊の本を読みました。
今日は その3冊のうちの1冊を紹介します。


「怪物ヌングワマをたいじしたむすめの話」

エド・ヤング/再話・絵 渡辺茂男/訳 偕成社
絵本の写真がなくてごめんなさい。
ネットで探したのですが 現在発売されていなくて
見つかりませんでした。
手持ちの図書を写せばよかったのですが
蔵書点検中のため写真を準備する時間がありませんでした。

これは中国のお話です。
ヌングワマは生身の人間を食べるのが大好きな怪物。
狙われた娘が泣いていると次々に助けようと
あれこれくれる親切な者たちが現れます。
どれも役に立たないと 更に嘆き悲しむ娘。
ところが ヌングワマがやってきたとき
娘の家には数々のしかけが。
親切な者にいただいたものの数々が
ヌングワマを潰すために大いに役立つのです。
そして。。。

続きは読んでみてください。
古い図書館では所蔵しているようです。

この絵本を描いたエド・ヤングは

つる サダコの願い


「つる サダコの願い」の挿絵も描いています。



復刊ドットコムで復刊リクエスト投票が行われています。
興味をもたれた方はぜひ 投票されてみてはどうでしょう。

FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ

スポンサーサイト

テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/277-c30ce829
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。