小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


校長・教頭になる人は二極性あり
一教員で終わるか 管理職(校長・教頭)になるか・・
先生たちの悩むところですね。

以前は 夫婦ともに教員だと 片方が管理職になった時点で
もう片方は 退職しなくてはなりませんでした。
今はその法則もなくなったようです。

一教員で終わる先生は 出世に興味がないのか
もしくは 子供好きで 
教員としてずっと「子供に関っていきたい」と思っている人がほとんどです。

管理職を目指す人には 二極性があります。
ひとつは「管理職になってもっと学校を良くしたい」と思う人。
このような志を持った人が管理職になると
学校はとてもよい方向に動きます。
管理職が 教員の思いを吸い上げ 学校の代表として 
教育委員会や教育事務所に 教員の声を届けてくれます。
自分の立場を有効活用して 自らを窮地に立たせても
「学校は子供たちが一番」と動いてくれる人は
教職員の信望は厚くなり 職員も共存していこうと頑張ります。

もうひとつは「子供が嫌い」な人。
とても悲しいことですが 教員なのに明らかに子供が嫌いな人がいます。
教員になって嫌いになったのか もともと嫌いで
でも お給料の高い教員という職業にだけ魅力を持ったのか。
このような教員が管理職になると これ幸いと
一日中机に向かい 書類と向き合っています。
口では「子供のために一生懸命」とか「先生たちの代弁者」とか
とても素晴らしいことを言われますが
子供たちとの触れ合いを自らすすんで・・ということは
あまり少ないように感じます。

私たちが小学生の頃は 
登校時に校門で竹箒を持った校長先生と触れ合ったり
自習の日には 校長や教頭の補欠授業にワクワクしたり・・
(当時は校長・教頭も自習だと我先にとこぞって手を上げ
補欠授業に行っていたそうです)
今は 補欠授業となると 誰を補填するのか
入り手がいなくて大変みたいですよ。
どうもこうもいかないと 図書の時間なんて
勝手に入れられちゃいますからね。。

ちなみに 図書の時間を入れたとしても
必ず教員が付帯しなければなりません。
なぜなら 私たち司書は 教員ではないからです。
つまり 教員ではない私たちが 
補欠授業をしてはいけないわけです。
理屈としても当然わかることだと思いますが・・・

実際は 教員の付帯があるほうが 少ないです。
自習だと子供たちだけ送り込まれることも多々あります。
まっ・・これは 担任の「意識」の問題なのでしょうけど。。

あらあら・・ 夢中になったらいつの間にか
話が脱線してしまいましたねw

今日はこのへんで。
スポンサーサイト

テーマ:教師のお仕事 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/26-073b210a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。