小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


絵本「千の風になって」
絵本 千の風になって


「絵本 千の風になって」 新井満/文 佐竹美保/絵 理論社

以前 いわさきちひろさんの挿絵をあてた
「千の風になって」の本を紹介しました。
私は見ませんでしたが 年末のNHKの紅白でも歌われたようですね。


絵本はラブストーリーです。あとがきには こう書かれています。


“死と再生の詩『千の風になって』は、
いったい誰が書いたのだろう”。
不明とされている作詞者を捜して推理しているうちに、
アメリカ先住民族にたどり着き、
更に少年ウパシと少女レイラの顔が浮かんできた、という内容です。
ある日、拙著を読んだという理論社の小宮山民人さんから、
手紙が届きました。
『ウパシとレイラのお話に、感動しました。
これを膨らませてみませんか。
そうして愛の永遠を高らかにうたいあげるような
究極のラブ・ストーリーを書いてくれませんか。」
小宮山さんに熱心にすすめられて書いた結果、
こんな絵本が出来上がったというわけです。



更に


ご参考までに、物語に登場する名前について書いておきますと、
愛犬のヤーズイーとはナバホ語で“熊の仔”、
助産婦のチュイラータとはナバホ語で“花”という意味です。
ではウパシとレイラはどうかというと、
実はナバホ語ではなくアイヌ語なのです。
仮名としてつかっているうちにいつのまにか
脳裡に定着してしまいもはや変更できなくなってしまったのです。
さて、小説家の空想から生まれた少年ウパシと少女レイラは、
文字通り千の風になって、今、あなたのもとに吹いてきました。
これも何かのご縁でしょう。
せいぜいかわいがってあげてくださいね。



低学年には ちょっと読みにくいかもしれませんので
読み聞かせにしたほうが良いでしょう。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



お得なポイント貯まる!ECナビ

スポンサーサイト

テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/233-dfb7914d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新井満

新井満新井満(あらい まん、昭和21年(1946年)5月7日 - )は日本の小説家。新潟県生まれ。本名満(みつる)新潟明訓高等学校、上智大学法学部卒業。電通に入社し環 玲奈のblog【2007/01/18 04:12】




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。