小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


結論は出ていません
みなさん たくさんの温かいお言葉ありがとうございます。
このまま続けていくことに 意味があるのが
まだ答えはでていません。

夏休みを迎えるにあたっても さまざまなことがありました。
当初 勤務は終業式の日+1日となっていました。
私たちに与えられた残務整理の期間は わずか1日。
1日で いったい何ができるのでしょう。
夏休みの貸出を終え 夏休み用の図書館だより作成や
貸出統計、書架の片づけなどなど 
中途半端にして 夏休みに突入できません。

結局 終業式+1日ではできない残務整理を
繰り上げて始めるために 夏休みの貸出を早めに始めることになりました。
結局 私たちの勤務日の犠牲になるのは 子どもたちです。

できるだけ 夏休み前ぎりぎりに貸し出しをしたいと思っていても
残務整理期間を確保できないとなれば こうするしかありません。
「申し訳ない」と何度も声にだし 早めに貸し出しを始めることを
職員会議に提案し 恐縮しながら了承もらって・・・。

夏休み開始のぎりぎりのところで
勤務が切れた後に 自治体の司書部会総会と別件の研修会の案内が入り
参加するために 勤務日を伸ばしてもらう交渉をして
2日の追加出勤となりました。
こういうことも 勤務が切れなければ 交渉する必要はないのです。

ほとほと参っています。
夏休みに 総会や研修が入るのは 毎年のことで
必要だと訴えているにもかかわらず
その都度 自分たちの勤務交渉をしなければならない・・・。

勤務の形が変わらないというのならば
私たちも ある手段を講じようと動き始めました。
ある手段については 今はまだ 話すことはできません。

ブログの継続を含め 夏休みにじっくり考えたいと思います。
今しばらく 時間をください。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓


スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>三日月さん
ありがとうございます。
語れば語りつくせないほど 不満が噴き出す毎日です。
そうあっても 子どもたちの顔を見ると
しばし その気持ちも忘れられます。
三日月さんと同じで 今は何より 
子どもたちがいるから 頑張ることができる
そう思います。
【2013/08/22 00:56】 URL | らりあん #-[ 編集]


>kumanekoさん
ありがとうございます。
一歩踏み出しました。
今は動きを見守っている段階です。
【2013/08/22 00:53】 URL | らりあん #-[ 編集]

とにかくつながること
国が予算化したのに、その通りに使われない。悔しいが教員にとっての緊喫の課題は図書館のことでなく多忙化。学校図書館職員がいることで救われることが多いはずなのに、見えていない。
学校図書館活性化をうたう諸団体は、バラバラな方針のまま。学校司書法制化の動きは、今の制度さえ守れないような形に行きつきそう
確かに落ち込みますね。

だからこそ、つながっておられる場は大切でしょう。たとえ学校司書を続けられるほどの意欲がなくなってしまったとしても、こういう場は続けられることが大切です。

学校司書がまとまる。待遇改善の要求もする。そういう組織づくりと運動のあり方を皆さんが考えることもいるのかなという印象です。

文科省の予算化は、概ね2校に1名の予算配当を昨年からしています。そのことが、これまでの自治体の措置を廃止し、国に合わせた条件への改悪との動機になるケースも考えられます。
本来学校図書館の充実を目指すべき各運動団体は、それぞれの傘下に有利な要求をします。だから、学校司書の働き方は揺れ動く。学校司書が置いていかれないためには、組織化されることが必要なのかもしれません。それも学校に密接した組織になることが。
自分たちの力でまとまり友好団体になるという視点もあります。
【2013/08/02 21:09】 URL | kumaneko #-[ 編集]

こんばんは!
1日!?ひどいですね。
私の住んでいる自治体の小中学校司書は3年前は3日でしたが、2年前から5日に増え、今年からは10日勤務になったようです。
10日あったら蔵書点検も余裕でできるし、私も10日勤務したかったな、って思いました。
私は子供を連れて行ってもよい、という許可を管理職にもらって、契約も切れている期間に子供に読書させて自分は仕事をしていましたから。10日あったらそこまでしなくてもよかったな。
でも5日で足りなかったのに、1日というのは絶句です。ある手段?頑張ってください!!応援しています。
【2013/07/29 22:00】 URL | ずず #Zr2/WiYY[ 編集]

はじめまして
はじめてコメントいたします。私も小学校の学校図書館司書をしています。1年目です。それまでは3年間ほど図書のボランティアをしていました。

本当に色々と状況は厳しいです。こちらでは1日4時間勤務で、月に11日の出勤しかできません。その中でこなさなければいけない事の多さといったら・・・^^;

時給も安いですが、もちろん時間内ではとても終わらないですね。
本当にこの仕事が好きだから、子ども達が好きだから、じゃないとやっていけません。
やりたいことは色々あるのに、学校からストップがかかることもしばしば。心も折れます。
よかれと思って提案しても、結局体裁がどうとか市教委がどうとか始まって・・・。
あと、ボラさんとは仲が良いですが、担当の司書教諭の先生とはあまりうまくいっていません。
むしろ早く転勤していただきたい・・・。
何度も、もう辞めてやるっ。って思うことも多いです。
それに学校でも味方が居ない感がすごくてつらいですね。。。(´;ω;`)
夏休みはまるまるお休みになりますが、子ども達が居ない時だからこそできる仕事もあるのになあ・・・と思います。

ボラすらいなかった頃の図書室の荒れようといったら、すごかったんですけど・・・居ないと困るくせに対応が悪いのも困ってます。トップの考え方次第でもあるんですよね。うちの場合、アンチ図書室みたいな感じなので。外に出ろ外に出ろ・・・みたいな感じで、中休みは閉館(交渉して開館にしてもらいましたが)、週に1日は昼休みも閉館(これも変えさせましたが)とか言い出して大変でした。

・・・これからも色々あると思いますが、とりあえず今は子ども達に元気をもらいながらがんばっている状況です。
【2013/07/29 18:59】 URL | 三日月 #9L.cY0cg[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1871-6760fc2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。