小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先の見えない学校図書館
ここのところ更新が滞ってすみません。

私の自治体においても 近隣の自治体においても
学校図書館司書が 頻繁に辞めていく状況にあります。
任用切れで去っていく者もいますが
さまざまな思いを抱いて 去っていく者もいます。

学校図書館は ずっとずっと 長くて暗いトンネルの中でした。
出口が見えかけた時期もありましたが 
最近は その出口が 奥深くに沈んでしまったのか
出口につながるルートさえ 見えなくなってしまいました。

出口に行きつかない 真っ暗なトンネルの中で
私たち司書は じっと救出を待つしかありません。
最初は たくさんの手が差し伸べられようとしていた救出劇も
長引く状況からか 差し出される手の数が ずいぶん減っているように思われます。

個々の力を持たない司書たちですから トンネルから抜け出すにも
外からの大きな力が加わらないと 自力では抜け出すことができません。

しかし 私たちはただ ひたすら待っているというわけではありません。
何の努力もしていないということもありません。
自力脱出の力がない分 脱出の足掛かりになるような手立ては
これまで 何かしら やってきました。

しかし トンネルの中で頑張る私たちの様子は
外からは ほとんど いえ まったく 見えないのでしょう。
見えないのか 見辛いのか・・・。

私たちの様子を気にかけてくださったり 
たまに声をかけてくださったりする方もいらっしゃいますが
その声が私たちには届いても 外の大きな力には届かないようで
残念ながら いつまでも トンネルの中から脱出することができずにいます。

学校図書館活性化が叫ばれてから 何度か トンネルに風穴が開けられましたが
ひとたび関心が薄れると すぐにふさがってしまいます。
せっかく開いた風穴を 内側から広げようとすれば
何かの圧力で あっという間に ふさがれてしまうのですから
私たちの意欲も 当然 吸い取られてしまいます。

学校図書館に未来はあるのでしょうか?
司書の資質向上どころか 研修参加もおろか
図書の購入さえ 不自由になってしまった現在の状況に
学校図書館の明るい未来は トンネルの出口は
私には まったく 見えてきません。
むしろ 出口は 厚い壁に阻まれているのではないかとさえ
思ってしまう毎日です。

学校図書館の未来が見えない今
このブログを続けていくことの意義さえ 見失いつつあります。
最近の 私の心の折れようは 言葉にも文字にもできないほどです。



みなさん 学校図書館に 輝かしい未来がみえますか?


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>新人さん
ありがとうございます。
思いはよくわかります。 ひしひしと伝わります。
その現状を 学校の職員にアピールしましょう。
司書がどんな仕事をし どう頑張っているか
アピールすることが 大事です。
学校の中に理解者を作り 
職員から声を上げてもらうのも 手段の一つです。
なにより 現状を 行政に訴えるほかありません。
管理職を味方につけるのも 大きいです。
【2013/08/22 01:15】 URL | らりあん #-[ 編集]


>4051番目のおじさん
ありがとうございます。
応援してくださる方がいるのは とても励みになります。

【2013/08/22 01:09】 URL | らりあん #-[ 編集]


>きおん☆さん
ありがとうございます。
兼務など 実際できることではありません。
一校に全力投球しないと 中途半端になるだけです。
兼務など絶対受け入れてはならないと思っています。
実際 そのような話が起きたことがありますが
一度受け入れてしまえば できるものだと思われるので
断固として受け入れませんでした。
【2013/08/22 01:06】 URL | らりあん #-[ 編集]


>チロルさん
ありがとうございます。
私たちの立場が 良くなったという話は
耳にはいってきません。
おっしゃるように 悪くなる一方です。
このままでは 司書の危機だと思い 立ち上がりました。
何かが変わるかわかりませんが 何もしなければ何も変わらないという思いで
一歩踏み出すことにしました。
【2013/08/22 01:03】 URL | らりあん #-[ 編集]


>カナンさん
ありがとうございます。
司書にしかわからない思い、司書だからわかる思いを吐露していただき
その思いは 深く胸に刺さります。
行動を起こさな変えれば 何も変わらない
行動を起こしても 何も変わらないかもしれませんが
今は 一抹の希望を持って 目の前にある問題を
しっかり取り組んでいこうと思います。
【2013/08/22 01:00】 URL | らりあん #-[ 編集]

つい、書きこんでしまいました
非常勤学校司書です。
1年契約更新でほそぼそと学校司書を続けています。
迷い、憂い、それでも学校図書館を前進させたくて踏ん張っていますが
心折れそうになることはしばしばあります
やり続け、言い続けていくことでしか道は拓けないと言い聞かせながら何年になるのでしょうか。
独身なので親からは
「将来は生活保護だね」といわれるような有様です。
学校司書に限らずですが、一生懸命取り組んでも
一つの仕事で生活を支えていけない現状は
何かが間違っているように思います。
学校司書にあこがれる子どもたちが
それだけで食べていけて、
誇りを持って仕事できるような
そんな職種にするためにねばりたいとはおもっているのですが・・・。
【2013/07/23 13:59】 URL | カナン #-[ 編集]

同感です
私の勤めている自治体も、今年度から待遇悪化しました。夏休みはフルタイムで働けません。小学校で図書の時間が28時間ほとんど活用されるうちの学校。正直言って目の回る忙しさです。仕事持ち帰り残業当たり前な毎日。でも給料は雀の涙でボーナスなし。テンションはあがりませんが、子どもたちの笑顔に支えられ
て、仕事してます。先の見えない上、身体を壊しても誰も助けてくれない一人仕事。図書館活用は叫ばれているけど、人の問題にもっと力を入れて欲しいです。
【2013/07/20 19:14】 URL | チロル #MyJ0QW/M[ 編集]

お元気にしてらっしゃいますか?
ご無沙汰しております。
夏休み前にお忙しくされているのではないでしょうか?

前に配架のことでご相談させていただきましたので
その後について少しご報告させていただきます。

らりあんさんにアドバイスいただいて
さっそくよく来られる若い女医さんにお聞きしてみました。
「お返事は分類別でも、アルファベット順でも
 見やすく探しやすければどちらでもいい」とのこと。

その後、他館の司書の方にアドバイスをいただき
基本アルファベット順+看護科の配架にしようと
作業に取り掛かっています。
理由は科によって複数の診療内容が重なることがあるので、分類=診察科にしないほうがよいという説明をいただいたからです。

利用者にとっての図書館ですものね^^

まだまだわからないことだらけですが
今はここで、今の自分でできることを
精いっぱい頑張るしかありません^0^/

今年の夏も暑そうですが
らりあんさんも楽しいお休みになるといいですね。
【2013/07/14 22:46】 URL | しぶちゃ #zfBORS1s[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/06/24 23:30】 | #[ 編集]

採用希望者は...
確かに雇用状況は悪くなってきています。学校の統廃合もすすんでいますから、仕方のないことなのでしょう。しかし欠員に補充をかけても、採用を希望する司書もいないという現実は悲しすぎます。自治体の行う研修は、受講資格が司書〇年以上と条件がつけられてきます。雇い止めや期限付き雇用だと、おそらく研修の受講資格も得られないでしょう。

ひとつ気になることがあります。

司書の授業時間が1週間30時間で2校の兼任...という一文をみました。サイトはSLAか?文科省だったか??兼任化が進めば、身も心ももたないことは明らかです。私の場合、兼任化の前に雇い止めで更新はないでしょうから、直接関わることはなさそうでが...。学校図書館は本当に厳しいものです。
モチベーションはあがりませんよ。
【2013/06/23 22:06】 URL | きおん☆ #-[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/06/15 11:07】 | #[ 編集]

こんばんは(^-^)。
はじめまして、こんばんは(^O^)/

おじいさん4051と申します。

司書のお仕事、大変ですね。
待遇や学校などでの力の入れ方などにもよると思いますが、
図書室や図書館は分かっていても、
司書はあまり顔が見えない存在だったりもしますもんね。

本来なら、
学校に隣接しながらも、
地域に根ざした独立した図書の空間になっていれば、少し働き方とかも違うのかな?

市区町村などにも、
図書館はあるけれど、
塾などに行けない子どもたちとかにも、
何かを教えられたり、

地域のスポーツ少年団の指導の方などにも、
身体を動かす練習だけではなく、
本などでにもたくさんの知識・技術・練習法などがあるから見るとためになることなど、

または、
テストなどで、
あまり良い点が取れなくてくやしい思いをした子達などへ、図書館の本の橋渡しをしてあげたりなど・・・。

つなげられる環境がたくさんあると、
さまざまなアクションが、
良い形での資源の活用になるとは思うんだけど、

図書は基本、発言しないから、
どこかで活用のタイミングを協力してもらわないと
むずかしいですね。

10数年前に図書館司書の勉強をしていたくらいなので、現状の把握はできていないですが、

静かな情熱と温かい姿勢で、
できることをコツコツと・・・。

いつもご苦労さまです。(^-^)/ 


【2013/06/14 00:53】 URL | 4051番目のおじさん #-[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/06/10 21:48】 | #[ 編集]


 輝かしい未来はうちにも全く見えません。
悲しい現実。
 少しでも未来が良い方向に動いていくように。
 この場所で少しずつでもできることを丁寧にして私のとりあえずの任期(今年度末)を終えようと思います。次年度の意欲は今のところ湧かないし、みらいも全く見えません。
【2013/06/10 21:10】 URL | Yu&Shuのかぁ #D7awbCwA[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/06/10 00:46】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1870-5745bda0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。