小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


研修参加できていますか?
平成13年11月 議員立法により「子どもの読書活動の推進に関する法律案」が提出され
同年12月に成立、公布・施行となりました。
また、この法律の第8条第1項の規定に基づき 平成14年8月
『子どもの読書活動の推進に関する基本的な計画』が閣議決定されました。
詳しくは 文科省「子どもの読書活動推進ホームページ」にあります。

ここに記されている
『<文部科学省における読書活動推進に関する主な施策(平成16年度)>』の中に

・学校図書館図書整備5か年計画
学校図書館における図書資料整備の計画的な整備を図るため、平成14年度からの5年間、毎年130億円総額約650億円の地方交付税措置を講じる。

・学校図書館資源共有ネットワーク推進事業(新規)
学校図書館の蔵書のデータベースやネットワークを利用した教育実践の共有化、蔵書の共同利用を推進するとともに、学校図書館関係者の資質向上を図る研修プログラムを開発する

・司書教諭の養成講習
学校図書館を活用した教育活動や読書活動の推進の中核的な役割を果たす司書教諭の養成を図るため、大学等の教育機関に司書教諭講習を委嘱して実施する。


と あります。
アンダーラインを引いたところには 学校司書の研修プログラムの開発をすると記されています。

文科省の計画を踏まえ 各自治体において『読書活動推進計画』が策定されました。
アンダーラインの部分も生かされ 学校司書に研修の機会を与える旨が記されています。

ところが 現状はというと 年々 研修参加を制限される始末。
資質向上どころか 学ぶ機会を与えられず 知識を得る機会が削られています。

文科省が打ち出した『読書活動推進計画』は 
地方自治体では 生かされていないということなのか?
他の自治体もそうなのか 疑いたくなります。

みなさんのところでは どうでしょうか?
さまざまな研修に参加できる体制を整えてもらえていますか?



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント
釈迦にせ説法なのかな
地方交付税措置を、どう使わせるかは力関係です。その力をどこから発揮させるのか。学校から要求を出させることが必要かと思います。多くの場合、文科省の予算措置がどの程度自校に来るかまでは、教員の意識にはありません。そこを意識させ、要求化させることが不可欠です。
注意するべきところは、学校司書は行政職(臨時的任用や嘱託職員の学校司書の位置づけも非教員)。そして組織化がない。組織されていたとしても教員系とは別。司書の声や願いが学校、ひいては教員に届きにくくなっていることが閉塞状況の一因ではある。学校司書がまとまった組織を作ることが必要かと。
【2013/08/02 20:39】 URL | kumaneko #-[ 編集]


>ずずさん
情報ありがとうございます。
ずずさんの書き込みで初めてしりました。

購入の際は 実際に本を手に取り ストーリーを確認し
子どもに与えても良いものか吟味し購入するのが
子どもたちのためには一番良いのですが
こういうこともあるからでしょう。
購入方法は 年々厳しくなり
不本意ながら 業者を入札で決めるという事態にあります。

これでは 業者しだいでは 見計らいもさせてもらえず
方六だけで購入図書を決めるという 非常に危険な取引をするしかありません。

ごくごく一部のことでしょうが
このような不祥事を起こす人がでてくれば なおさら
状況は悪化するばかりです。

私たち司書の賃金について 再考願いたいのはもちろんですが
私たちも 士気を高く持ち 立場と責任をわきまえ
子どもたちのために 頑張らなければいけないと思います。

日ごろの頑張りが いつか 道が開けることにつながると信じて
頑張りたいものです。

【2013/05/31 00:39】 URL | らりあん #-[ 編集]

ありえない!!
『<図書館司書>女性が本3000冊転売 新潟市教委が告訴』
このニュースご覧になりました?

これを読んで驚きました!
司書の条件が悪いという話はさんざんしていましたし、知り合いの学校司書はそれだけでは食べていけないと、夜コンビニでバイトしています。
でも、でも、これは司書として一番やっちゃいけないことでしょう。。。

しっかし、この学校の図書費の予算ってうらやましいくらいの額なのでしょうね、前の勤務校なんて、本を購入せずに、そのまま予算を横領したとしても、雀の涙でしたよ!
【2013/05/30 22:56】 URL | ずず #Zr2/WiYY[ 編集]


>ゾウさん55さん
コメントありがとうございます。
図書館教育が注目されていた時代は
まるで終わってしまったかのよう。
資質の向上には 研修が絶対的に必要なのに。

学校図書館はまた 一昔前に戻ってしまうのかもしれません。
【2013/05/23 22:34】 URL | らりあん #-[ 編集]


研修はまったくありません。
図書代も増額されている気配は感じられません・・・。
【2013/05/23 20:27】 URL | ゾウさん55 #-[ 編集]


>simizuさま
コメントありがとうございます。
地方交付税という大きなくくりの中で交付されたものは
その使途も 国の思惑通りに使わなくていいので
純粋に図書購入用に使った自治体の方が少ないのではないかと思われます。
このような交付の仕方は 問題であると
交付する側は 気づかないのかしらと 思ってしまいます。
きちんと「図書購入のため」と 別枠で交付し
使途の裏付けを 領収書提出などで 確実なものにしてほしいです。

本当はそうではなくとも 
相手が子供だからと うやむやにされている気がしてなりません。
【2013/05/21 22:34】 URL | らりあん #-[ 編集]

地方交付税措置
…地方交付税を受け取っていない貧乏自治体に、増資・増額は来ませんでした。
【2013/05/21 13:03】 URL | simizu #PDrP5gew[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1869-5c8df2d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。