小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大きく変わる学校図書館の中で私たちは・・・
毎日暑い日が続きます。
みなさん お元気でいらっしゃいますか?

学校で働くものの醍醐味といいますか 
まとまったお休みがいただけるのは
リフレッシュという意味ではいいですね。
ただ 復帰のことを考えると 子どもではないですが
登校拒否気味になったりもw

とはいえ 頭の中は 常に仕事のことでいっぱいです。
休みもいいのですが 子供のいないこの時期を利用して
やりたいことややれることが いっぱいあって
もったいない気持ちもあります。

たとえば 蔵書点検。
誰にも迷惑かけず 茶々も入らず 
ゆっくりと点検できるのは この時期ですよね。
この時期にできないのは もったいないなぁと 毎年思います。

それから 書架の整理。
大がかりな書架の整理は 同じように
時間があるときにしかできないことです。
溢れんばかりの本を 思い切って 配置換えしたい!
そんな思いも 夏休みを利用すれば
一度にできなくても 数日がかりで やることができるのにと
これまた残念に思います。

行政は 最低限の時間しか 私たちに与えませんが
その限られた時間にできることは やはり最低限のことでしかありません。
その中で 私たちは常に 子どもたちのために
あれこれ考え どうにかしたいという思いを抱え
時間という制約に阻まれながら ジレンマに陥っています。

物事には常に 準備があり 後始末があります。
それは 子どもの世界においても 大人の世界においても
常につきまとってくる 当然やるべきことです。
しかし 私たちの雇用には その準備期間や後始末期間は
まったくと言っていいほど 考えられていないようです。

私たちは常に声を上げていますが
なかなか行政にはわかってもらえないようです。
いったい どうしたらいいのか・・・。
図書館教育の重要性が叫ばれ 読解力をつけるためにも読書の推進といわれ
学校図書館の役割は大きく変わりつつあります。
司書の配置という点では 大きく飛躍しましたが
雇用の状況と職務は大きく差が開く一方です。

私たちの職務を深く理解し 私たちとともに
そして 私たちの代弁者となって声を上げてくださり
国や地方自治体を動かせる力を持った方はいらっしゃいませんか?
(深いため息・・・)




FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓




スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>某様
公私とも お気遣いありがとうございます。
時の経つのは早いものですね。
もう7ヶ月になります。
家族団欒のひと時が迎えられると思うと
今はただ待ち遠しいばかりです。
【2012/08/12 15:31】 URL | らりあん #-[ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/08/12 01:32】 | #[ 編集]


>ずずさん
暑い中 ボランティア作業 お疲れ様です。
娘さんにとっては 楽しい夏休みになっているようで
いかに学校図書館が魅力的な場所であるか
娘さんによって 証明されているみたいですね。

私も以前は そうやってボランティアで行っていました。
しかし それで消化できてしまうと
行政に 時間が足りていると勘違いされてします。
管理職が 私たちがボランティアで仕事をしている様子
勤務時間が足りていないことを 行政に伝えて下さればいいのですが
雇い主は行政なので 私たちの業務の深い部分について
管理職は把握されていないんですよね。

となると 時間が足りないことを 
自分たちで伝えていくしかないという結論にたどり着いてしまいます。

学校図書館に司書がいればいいという時代は とうに終わっています。
行政が 待遇改善を図らなければ
この先 必ず 学校司書のなり手がいなくなる時がやってくるでしょう。
魅力ある学校図書館を創るためにも 
学校司書の待遇改善は避けて通れない問題だと思います。
【2012/08/11 20:49】 URL | らりあん #-[ 編集]

無職の夏休み☆
 勤務時間内で仕事はやらなきゃいけないことはわかっています。でも5時間しかない勤務時間。お昼休みは給食を大急ぎで食べて終わり。でも時間が足りません。

 夏休み、与えられた時間では足りないので、
「こんなことをすると結果的に他の司書の方に迷惑をかけることになる」って頭ではわかっていますが、つい毎年ボランティアで出かけてしまいます。

 昨年までと違うのは、今年は校長先生が変わり、子連れでのボランティア出勤を認めてもらえたこと。娘を連れて先日、勤務先の小学校へ行ってきました。

 娘は本さえあれば満足な子供なので、誰もいない小学校の図書室を貸切で、本が読み放題なのが楽しくて仕方ないらしく、
「次はいつ行くの?」
まるでレジャー気分です。
 
 自分が通う学校ではないので、違う本があり、レイアウトなども違って、心から楽しんでいる様子。
なので開き直って、一石二鳥の子供サービスと思い、夏休み中にまた出かけようと思っています。

 ちなみに寄贈図書の装備やデータ入力、掲示物を作成したり2学期の準備など、生徒が来ないので仕事がはかどります。まだまだ終わっていませんが。
(夏休み前に本を50冊ほど寄贈していただいたのが手付かずだったのです…。)

 これが正規の仕事だったらいいのですけどね。
でも今年は子連れを認めてもらえたので、私自身も楽しんでボランティアができます。

 行政の方々へは、決してあの時間内では仕事は終わりません!って校長先生にお願いして少しずつでも訴えていただければ、と思います。
【2012/08/11 09:55】 URL | ずず #Zr2/WiYY[ 編集]


>yu&shuのかぁさん
毎日暑いですね。お元気ですか?

配置は進んだものの 中身は・・・? ホントにお粗末ですよね。
配置すればいいのではなく 配置したその先が 本当に大事な部分だと思うんですけどね。
私は7時間45分の勤務時間ですが 自治体によっては4時間勤務とか5時間勤務とか
授業は6時間ないし7時間あるんですけど
始業から終業まで 図書室にいることに意味があるんでしょ?って。

現場にいる者が 声を上げなければ 行政はわからないんですよね。
でも yu&shuのかぁさんが おっしゃる通り
私達には 行政を動かせるだけの発言力も影響力もありません。
だからこそ 行政を動かせるだけの力がある人に 力を貸してほしいと思うんですけどね。
【2012/08/11 01:29】 URL | らりあん #-[ 編集]

同感です。
 児童がいない夏休みだから雇用がないのはおかしいと思います。
 そしてそんな自治体の体制に抗議もせず、1司書(私ではありません)に『開館日を増やしたいから、1日の勤務時間を分割して、2日ないし3日来てほしい』と要望を出す学校もどうかと。
 蔵書点検、学習の連携などいろいろしたいことしなければならないことがまだまだあると私も思っています。数字だけで配置が進んでいる。ではなく、そろそろ中身も検証する時期に来ているのではないかと私も思います。
 しかし残念ながら、発言力も影響力も私には全くないのが現状です。
【2012/08/10 09:39】 URL | yu&shuのかぁ #D7awbCwA[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1850-3f97ec98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。