小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラベルの装備
異動して 最初に目についたのが ラベルの装備ができていないこと。
前任者が司書資格のない方だったので 
分類に迷ったものには装備していなかったのかもしれません。
追及するようなことは もちろんしていませんが
4年生、6年生の国語で 分類やラベルについて学習する手前
ラベルがないままにしておくわけにはいきません。

夏休みの貸出前 図書整理期間 今回はラベル装備に重点を置き
整理を行うことにしました。
作業を進めていくうちに 
寄贈図書には敢えて ラベルが貼っていないことも わかりました。
寄贈だからと扱いが違うことが 一目でわかるように
ラベルを貼っていなかったようです。

しかし どんな理由を抱えた図書であれ
子どもたちに提供する以上は 
すべての図書に図書記号を与え ラベルを貼るという
購入図書と同じ装備が必要です。

子どもたちは すべての図書を 図書室の蔵書として
分け隔てなく利用してますよね。
利用する子供たちにとって 
購入図書も寄贈図書も関係ないからです。

図書記号はすなわち 図書に与える住所のようなもの。
どの分類に所属するかは とても大事なことです。
寄贈図書といえ どこでどのように 学習や知識に役立つかわかりません。
必要とするときに 利用してもらうためには
あるべき場所に あってこそですから。

そのためには 司書資格を持っていようが持っていまいが
図書室や図書館で働く以上 NDC(日本十進分類法)は熟知しておきましょう。
本当は 現場に入る前に 講習会や勉強会に参加させるべきだと思いますが。

最低限でも 第1次区分表「類目表」は覚えておいたがよいです。
子どもたちに 図書のありかを尋ねられたときに覚えていれば
とまどうことなく スムーズに対応することができます。

第2次区分表「綱目表」まで記憶していると
さらに細やかな対応ができるようになります。

第3次区分表「要目表」については さすがにすべてを覚えるのは難しいです。
私も よく活用する部分以外は 覚えていませんよ。無理です(笑) 
どの図書室(館)にも常備している「日本十進分類法」(最新版は『9版』)を活用してください。

どうしても分類に自信が持てないときは 
Webで公共図書館をいくつかあたってみてください。
できれば3ヶ所くらいあたって 分類を見比べてくださいね。
図書館によって 分類も様々です。
一つの図書を どう捉えるか どの角度で見るかで
同じタイトルでも さまざまな分類になります。
いくつか見比べる中で 自分の図書館に見合った分類を
参考にされるのがよいと思います。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>ちいさん
こんにちはぁ。
新書ですね。
すべて「080」とは大雑把な分類(笑)
私は やはり それぞれに分類番号を与えます。
その上で 小論文対策で使われるということなので
利用者が利用しやすいように 別置します。
新書の書架の中では 著者名順に並べたがよいでしょうね。
著者名ガイドをつけておけば探しやすいですよ。
【2012/07/22 21:05】 URL | らりあん #-[ 編集]

新書は?
おひさしぶりです。
高校に行っても分類に悩んでいます。

高校では新書を小論文対策で使っているようで、新書用の書架に別置してあり、ラベルはすべて「080」になっています。
その上にカテゴリー別のシールが貼ってあるのですが(環境とか福祉とか・・・)どれにも属さないヤツが増えているのでやり方を変えようと思っています。NDC別にすれば誰が見てもわかるのではと思うのですがどうでしょう?
大学図書館などでもNDC別が多いようなんですが、どんな方法がいいとおもわれますか?


【2012/07/21 10:58】 URL | ちいさん #-[ 編集]


>しぶちゃさん
ボランティアさんという立場に 学校側も支持が出しにくいと思います。
指示が欲しいのであれば 管理職にお願いしてはいかがでしょうか。
それか ボランティアさんの方で
「私たちは こんなお手伝いもしますよ」という 一覧を渡して
チョイスしてもらうという方法もありますよ。
ボランティアさんゆえに 学校側に「遠慮」というものが
あるのかもしれません。
ボランティアさんの方から積極的に働きかけるのも ひとつの方法だと思います。
【2012/07/17 01:20】 URL | らりあん #-[ 編集]

そうですね・・・
お返事、ありがとうございました。

そうですね、子ども達が使い良いように整備するためのボランティアですものね・・・。
ただ、前に学校図書館のボランティアをしている者の集まりがあったとき、学校側に「図書のお手伝いをします」というと大変喜ばれ、結果ボランティアに丸投げ状態になり、2年と続けられなかったという他校の話を聞いたこともあります^^;
担当の先生の多少なりとの指示があれば動きやすいのですが・・・。

今のところ私が行ってる学校は保護者ボランティアですし、活動が続くために学校が主体となってその都度保護者に指示を出してくれてますが、担当になった先生次第という感は否めず・・・。

・・・と愚痴ってしましましたが、また時々お邪魔させていただきます。

ありがとうございました。
【2012/07/16 21:44】 URL | しぶちゃ #-[ 編集]


>よっちさん
判らないことは 何でも質問してくださいね。
私ではわからないことは ここに集うみなさんも答えてくださいますよ。
【2012/07/14 19:19】 URL | らりあん #-[ 編集]


>yu&shuのかぁさん
ご無沙汰しています^^
私もラベルを貼りなおしているところです。
良かれと思ってのことでしょうが 
背にある出版社名や著者名を避けてラベルを貼ってあるものが多く
書架を見ると ラベルが揃わなくて 見辛い状態でした。
『学校図書館通論』において ラベルの位置は背の底から1~1.5cmの位置に貼り
書架の中でラベルが整然と並ぶように・・・と学びましたが
これまで有資格者の配置がなかった学校なので 
この状況も仕方ないのですけど 作業は本当にたいへんです。
ラベルの貼られていない本も多数ありますから
こちらの作業も 引き続き行う予定です。

ともに 子供たちのためと 頑張っていますが
先の見えない作業に 途方に暮れています。
【2012/07/14 19:18】 URL | らりあん #-[ 編集]

こんばんは
 お久しぶりです。
 分類、ラベルは毎回頭を悩ませています。
 うちの学校の10年以上たつ本のラベル3段ラベルを使用。分類番号は1次分類だけで、2段目著者記号のところは「贈」だったり、当時の図書台帳登録番号だったり。
巻末記号も訳のわからん4ケタの数字が振られていまして。
 10分類をラベルの色分けで意識付け用としてるのですが、その色も当時と違うし。現在の市内で取り決めた請求記号の付け方とだいぶ違う状態です。
(またラベルは2枚。貸出カードを自分で記入して借りるので、背、表紙の2か所にあります。)
 司書が配置される前のモノなんだろうなぁ~と思いながら、残しておきたい本は、ラベルをちょっとずつ直しているところです。(いらない本はこれを機会に棄却検討します)
 
 以上、またお邪魔します。
【2012/07/13 20:35】 URL | yu&shuのかぁ #D7awbCwA[ 編集]


早速のお返事、有難うございました。
大変分かりやすく、勉強になりました。
いろいろな質問をされるので、分かる範囲はその場でお答えするのですが、自信のないことは
「調べてお答えします」と伝えています。間違った事を伝えてはいけないので・・・。
今回の二つの質問については、司書講義で習った覚えがなく、いろいろな情報を調べたのですが見つからず・・・^^;
大変助かりました。質問は全て自分の糧になるものだと改めて思いました。
【2012/07/13 15:16】 URL | よっち #-[ 編集]


>しぶちゃさん
ご無沙汰しています。
小学校では 4類の自然科学と9類の文学については
できれば 第二次区分まで 分類をしている方が 利用しやすいと思います。
特に 理科関係は よく調べ学習に使います。
第二次区分まで 番号を付与すれば 
配架するときに まとまりができ 格段に利用しやすくなります。
「植物」「昆虫」などのガイドも 要所要所につけて配架すれば
なお見やすく 探しやすいですね。

学校の指示を待っていても 分けることでの利便性をこちらから言い出さない限りは
ないと思います。
むしろ 何も言わずやっても 問題はないと思います。
明らかに使いやすくなるわけですから。
授業は時間との戦いですから ある程度まとまったくくりになっている方が
指導がしやすいですしね。感謝されると思いますよ。

「寄贈」のラベルを貼っていると 見た目にも一目瞭然。
廃棄するときも その扱いが即時に判断でき ラクになりますよ。
【2012/07/13 02:03】 URL | らりあん #-[ 編集]


>よっちさん
はじめまして。
ご質問にお答えさせていただきますね。

①について
分類を2つ(複数)に分けても可能です。
>基本は一冊の本には一つの分類番号のはずですが
よっちさんが取られている意味合いとは 解釈が違います。
同じ本が2冊あったら 2冊とも同じ分類にしなければいけないという意味ではありません。
1冊の本に1つの分類番号というのは 
わかりやすくいえば 1冊の本に2枚の図書ラベルは貼れない、
つまり 2つの分類番号は付与できないという意味合いです。
私も よくやりますよ。
シリーズものでまとめておきたいときと 本来の分類で採りたいとき
それぞれに異なった分類番号を付与し 別々に配架します。

②について
なぜカタカナ表記なのか。
なぜでしょう(笑) 特に決まりはなかった気がしますが
司書課程の講義の中で カナ表記するものだと習いましたが
私の勝手な解釈ですが ひらがなだと たとえば「ち」と「ら」のように
筆記のくせによっては 見分けがつかないことがあるからかなぁとか
カナのほうが 文字に丸みがないので 書きやすく また 見やすいからなのかなぁと
勝手に思っていました。

しかし 実際には アルファベット表記も存在します。
大学図書館の多くは アルファベット表記です。研究施設になると特に。
アルファベットも たとえば「K]だけではなく
「Ka」「Ki」「Ku」のように表記してあったりもします。

というわけで カナ表記と習いはしたものの
明確な決まりはないものだと 私は思っています。

いずれにせよ 利用者が利用しやすいように分類するというのが
一番大事なのではないかと思いますよ。
【2012/07/13 01:53】 URL | らりあん #-[ 編集]

タイムリーなお話です・・・
こんにちわ。
ずいぶんご無沙汰しております。

相変わらず学校図書館を夢見つつ、毎日低学年の子供と格闘しております^^;

分類とラベル。
実は今日、学校の図書の整備ボランティアに行ってきました。前任の校長が蔵書数が足りないと言って保護者向けに寄贈のお願いが度々あり、おかげ(?)で図書室には寄贈本の山ができ、ボランティアの保護者が寄贈台帳に記入、装備しました。

(が、今年赴任された校長と図書担当の先生が言われるには、蔵書数は足りているから来年からは保護者の寄贈は受け入れないとか・・・。色々思うことはあるのですが、この話は別に・・・)

そこでなんですが・・・寄贈で受け入れた本には全て「寄贈」のラベルを付け、別に寄贈本用の棚に配架されています。当然、業者が分類記号を付けて納入した本ではないのでバラバラに並んでいます。

けれども、借りる子どもにとっては同じシリーズの本だったら番号「9」がついているものと「寄贈」がついている本は同じ所に返しています。当然だと思います。だって、おんなじシリーズなんですから。

今日は他のお手伝いの人と、「寄贈」のラベルだけでなく分類ラベルをつけた方がいいねと話しました。

丁度夏休み前で、2年生が図書の時間で夏休みに借りる本を探していました。

教科書を持ってきて「この本探しているんだけどわからない」と聞かれ一緒に探しましたが、タイトル別に配架されていない読み物(もちろん著者別配架でもありません・・・「9」でくくられてバラバラ配架です)は担任の先生の手前、全て見てあげることはできず・・・。

「4」もできれば第2次区分までの配架にしてあげたい!!といつも思うのですが、いちボランティアとしてどこまで介入していいのか、やるなら学校の指示のもとでないと継続性や責任については負いかねるところでもあります。

今月末にある学校図書館ボランティアの研修会場にもなっていることもあり、色々お話を聞いてこようとおもっています。

【2012/07/12 13:10】 URL | しぶちゃ #-[ 編集]


はじめまして。いつも参考にさせて頂いています。私は小学校の司書二年目ですが、
いくつかボランティアさんから質問されたので、自分なりに調べてはいるのですが、どうしても回答を得られず、協力していただきたく、メールさせて頂きました。

①複本の場合、分類を複数(ここでは2つ)に分けて配架は可能なのか?を聞かれました。
本によっては科学にも文学にも当てはまりそうものはありますが、いくつかの学校や図書館では科学の4、
しかし4にあると読む機会が少ないため、9の文学にしたい。ならば子どもは手に取りやすいとの理由で。
よって4と9の二通りに分けたい(ラベルも配架も)と言われました。基本は一冊の本には一つの分類番号のはずですが、他校(複数の学校)を調べると確かに二通り出てくるんです・・・。
(A小学校は4、B小学校は9のように)
このような配架はありなのでしょうか?

②低学年向きの絵本の分類ラベルをわざわざ
ひらがなの作者の頭文字に貼り直しています。
理由を聞くと、一年生のうちはカタカナを習わない、よって誰もがわかるように…との事で。
なるほどとは思ったのですが、どの本も基本はカタカナですよね。そうなると、なぜカタカナ表記なのかな?という疑問がありまして…。
ひらがなはokか。なぜカタカナが標準か、お返事頂けるとありがたいです。
【2012/07/12 11:21】 URL | よっち #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1848-dbd1089f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。