小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


高学年の図書の時間の過ごし方
質問がありましたので お答えしますね。

高学年の図書の時間。
高学年だから読み聞かせなんて・・・と思うかもしれません。
ですが、高学年だからこそ読み聞かせと思います。(そんな機会なかなかないですしね)
図書の時間が入るとわかれば 読み聞かせをしてもいいかと
担任にアプローチをかけてみてください。
たいてい喜ばれますよ(笑)

読み聞かせも 高学年だからと言って 内容が高度である必要はありません。
低学年の時に触れた絵本や昔話、落語絵本などいいですね。

低学年の時に触れた絵本がなぜ良いかというと
当時と今では 受け止め方や感じ方が違うので
「このお話って そういうことだったのか」と
改めて気が付く事や思いがあるからです。
成長とともに磨かれた感性があるがゆえのことですね。

落語絵本は 言葉の面白さや本質的な部分を
十分に理解できる年齢に達しているので
言葉の言い回しやお話の展開を 即座に解釈でき
ストレートに楽しめるからです。
しかし 落語絵本の読み聞かせは
読み手のレベルも高くないと 情景が伝わりにくかったりするので
読み込みが大事ですけどね。

図書の時間は 国語の時数として(時として総合)カウントされます。
ということは 図書の時間は 勉強の時間。
そわそわ落ち着かないときには 
子どもたちに 国語の時間であることを伝えます。
マンガ系の本は この時間は読まない、
これという1冊を決めたら 静かにじっくり読むこと
うろうろは 集中している子の邪魔になることを伝えます。
担任がいれば 担任を通して 
もしくは 図書館の管理者である司書から伝えてもいいと思います。

それから『今日の読書は自由にどうぞ』の解釈について。
『自由』という言葉を 自分が投げかけられたらどうでしょう。
何が『自由』なのかわからないと思いませんか?
『自由』の許容範囲もわかりませんよね。
大人と子供の価値観にも ずいぶん差があります。
 
授業の一環である図書も ほかの教科同様 不自由でいいと思います。
この時間はマンガ系は不可、席は立たない、静かに読むなどという不自由さは
あえて与えるべきだと思います。
授業中に うろうろはしませんし 私語もしませんよね。
図書の時間 リラックスして過ごすのは大歓迎。
ですが 『自由』と『リラックス』は違いますから
そのあたりは 言葉を選んで 締めるべきところは締め
緩めるところは明確に示して緩める メリハリは大切だと思いますよ^^



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓






スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/06/12 21:19】 | #[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1844-00090ca1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。