小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


蔵点終了 14冊もなくなっていました
毎年気の重い蔵書点検 ようやく今年度の点検が終わります。

最後に強烈な「オチ」がありましたけどね・・・。


今年の不明図書は14冊。
毎年のことですが 1万数千冊のうちの14冊が 不明とカウントされました。

この14冊の捉え方に 私なりのこだわりがあり
そのこだわりは 毎年 蔵点後の職朝で
職員に向け伝えることにしています。



そのこだわりとは

「1万冊のうちの14冊しかなくならなかった」

ではなく

14冊なくなった」と捉えてほしいということです。


14冊しか」と「14冊」では
言葉の重みが違います。

本来は 1冊たりともなくなっていては いけないものです。
スーパーで例えると レジのお金が1円でも合わなかったら
はたしてどうなるのか 重ね合わせて考えてみてほしいです。

「まっいいか、1円ぐらい」 というわけにはいきません。
おそらく レジの周囲を 血眼になって 1円玉探しをすることになるでしょう。
わずか1円でも 「ちりも積もれば山となる」で
毎日のようになくなっていたら いつの間にか 高額となり 
いつしか スーパーの死活問題になりかねません。

本だって同じです。
毎年20冊前後の本がなくなっていたら どうでしょう。
5年で100冊 10年で200冊です。

14冊も行方不明になっていることの重大さを
子どもたちに伝えてもらうべく
あえて 言葉の重みを 強く伝えるのです。


それは 教員にも。


というのも、各学級担任の机上に 不明図書のリストを置きました。
その時点で 行方知れずの本は 16冊でした。


その時ちょうど 職員室で仕事をしていた新採教諭が
さっそくリストを見て こういいました。

「2冊は私が持っています。」・・・と。


何それ?


私は 蔵点を始めるにあたって 再三全体に言いましたよ。

「教室に持って行かれている本も いったん返却してほしい。」と。


なのに こんな感じです。
しかも 子どもより たちが悪いです。
悪いとか迷惑かけたとかいう意識は たいしてなさそうです。
事の重大さも。

点検する側の身になって その大変さを考えられなかったのでしょう。
大人の驕りというかずるさというか とても感じられました。

そして 思うのです。
明日 私が 言葉の重みを 全体に投げかけます。
そのことを この教員は 子供たちにどのように伝えるのか。
自分のことは棚に上げて 子どもたちに話をするのかもしれないと思うと
大人の腹黒さを感じずにはいられません。

リストには 取り消し線は引いてあるものの
その2冊も含まれたままになっています。
だから 自分の非も しっかり伝えて
そのうえで 子供たちに投げかけてくれればと思っています。


最終日は 書架の調整 廃棄本の確定をすませ 掃除をし
来週から開館です。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>ももたろうさん
お疲れ様です。
こちらもも同じですよ。
今日新たに戻ってきて 不明図書は9冊になりました。
点検直後の16冊から7冊見つかりましたが
うち4冊は教員の返し忘れです。
借りたことも忘れていて 一覧を見て「あっ!」と思い出したそうです。
まさに「事件は図書室で起きているのではなく、職員室で起きている!」ですねw

「なくなってはいかねいもの」
その意識付けが 未返却数の大幅減少につながっています。
私が本校に赴任した3年前の不明図書は30冊を軽く超えてましたから。
私達があきらめたら 見つかるものも見つからないと思います。
ももたろうさんもあきらめないで!
【2012/03/13 23:22】 URL | らりあん #-[ 編集]


少ない!と言いたくなってしまいます。
うちも、今点検をしていますが、
絶対、かなりの数いっていますから。
そして、かなりの数が先生のほうから返却されるという現実。
でも、一冊でも、なくなってはいけないのですね。
自分の姿勢を正さなくては・・・とも思いました。
【2012/03/13 21:57】 URL | ももたろう #-[ 編集]


ずずさん

こんばんはぁ。
蔵点の結果を公表して 児童から2冊、職員から1冊戻ってきて
現在11冊まで減りました。
それでも「11冊も!」です。

今週の児童集会で 蔵点の結果と私の想いを話すことになりました。
昨年もやりましたが 今年も新たに小道具を作って挑む予定です。

年度越えの蔵点は大変だと思います。
年度初めは それ相応の仕事がありますしね。
なんとか早く終わるといいですね。
お疲れ様です。
【2012/03/11 20:07】 URL | らりあん #-[ 編集]

蔵書点検
おはようございます。
蔵書点検お疲れ様です。
不明図書14冊だなんてうらやましい限りです。

私の勤務先の学校は、私が昨年行った蔵書点検が初めての蔵書点検だったようです。
除籍・廃棄図書はデータだけが残っている状態。
データはあるけど本がない!というものが約270冊分ありました。
前の司書の方はパソコンが苦手で、除籍図書は帳簿に記載してありましたが、バーコードNOが記入してないものが多数あり、1年かけて110冊ほど消しこみました。
まだ160冊の不明図書があります。

今年の蔵書点検は学校の都合で卒業式が終わってからのスタートということになりましたので、たぶん4月に持ち越すことになると思います。
来年残留がほぼ確定とはいえ、新年度は別の仕事で忙しいのですけど。。。
気が遠くなりそうですが、まぁ愚痴をいっても仕方ないので、無理せず頑張ります☆
【2012/03/11 10:22】 URL | ずず #Zr2/WiYY[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1826-4a4c3ac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。