小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シマに属せない職種
職員室には 学年のシマがあります。
大きい学校になると 職員のお茶うけはシマで購入し
シマに大きな箱を置いて シマで管理するみたいです。

学年のシマの決断力は素晴らしく
学年の打ち合わせは当然のこと 
職員会議の資料を取りそろえる場合も
誰かがシマの分は調達して シマそれぞれの机上に配られます。

会議中のお茶うけも シマの誰かがお茶うけコーナーから
シマの分だけ調達し これもまた机上に配られます。

会議中も「シマで話し合いを・・・」と言われれば
シマの中でさっと寄り合い 話し合いが始まります。

シマの団結力と気配りは素晴らしいものです。

しかし・・・です。
シマに属さない職員のことは 視野にないように感じます。
私や養護教諭、専科の先生など 私たちが会議に遅れようと
ある学年のシマに隣接した机であっても
私達の机上には 会議資料は 当然のごとく 置いてありませんし
お茶うけも シマの中にある 隣の机上まではあっても
私達の机上には これまた当然 置いてありません。

なんと寂しいことでしょう。
子どもたちには 自分のことだけではなく 
周囲への関心も気配りも促すのに
職員室の中は そんな優しさも見られないとは・・・。

シマに属さない私たちは 実はずっとこんな感じです。
稀に気配りをしてくださる方もいらっしゃいますが
そんなことは 数年に一度あるか・・・。
私も長く学校にいますが 数えられるほどですし
気配りしてくださった方の顔は しっかり覚えているくらい
数少ないことです。


シマに属さないみなさん 
そんな思いを一度でも感じたことはありませんか?



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>m※※※さんへ

拍手コメント ありがとうございました。
お名前は伏字にて失礼します。
どこでどう お返事をお返ししてよいか考えましたが ここしかなく・・・。

ブログもそうですが コミュニティの方も
どなたでも参加いただいて構いませんよ。
学校司書ではなくても 学校図書館に携わっていらっしゃるし 
いろいろ意見や考え、思いをお持ちだと思います。
これからも ご遠慮なく 積極的に参加ください。

さまざまな声を戴くことで 私も視野を広げることができます。
よろしくお願いします。
【2011/08/06 14:09】 URL | らりあん #XAUl15Aw[ 編集]


>くーちゃんさん

職員室で仕事をしていないと 存在感までなくなる感じですよね。
養護教諭は 時折 職員室に仕事を持ち込んで お仕事されていますが
私達が 職員室で仕事をしようとすれば まるでお引越し状態ですものね。
移動準備だけでも 時間がもったいなく 
また 図書室の方が ひとり黙々と仕事が捗るというものあって
職員室では めったにしませんね。

くーちゃんさんがおっしゃるように モノが欲しいわけではなくて
気遣いが欲しいんですよね。
どの職種でも どこで仕事していても 同じ職場の仲間なのだからと思います。
学校にいると どこか「教員が一番偉い」感があります(先生方ごめんなさいね)。
でも いろんな職種がいるから 学校が成り立っていると思うんです。
それぞれの仕事を尊重しあえる温かい職場であってほしいですね。

私も気遣いを忘れないようにしなくてはw
【2011/08/06 13:57】 URL | らりあん #-[ 編集]


わかります。わかります。その気持ち。何度も味わっています。同じ学校に何年かいますが、いつまでも仲間はずれな感覚とでもいいますでしょうか。。。他校からかわってこられて間もない先生でも、すぐに学年のシマ、教師だけの連帯感の中にすっとはいってしまってる。独特の空気・・・。
放課後、机の上にお菓子など配られているちょうどその時に、職員室へ入ってしまった際には、「無視、無視、わたしは関係ないんだよっ~。見なかったことにしよう!」と、割り切ることにしています。そんなとき、「あらっ、まだいたの?」って言われたことも・・・。図書館業務はほとんど時間外勤務の日々。子どもたちが下校した後、やっとできる仕事もたくさんあるのに。。ほんの少しでよいから少し気を配っていただければ・・・って思います。

さらに、毎年夏休みには、クーラー無しの図書室で、汗かきながら、1人で新刊受け入れ作業を日々がんばっているため、さらに孤独。
何年か前には、気配りのできる先生がいらして、職員に配る冷たいジュースやアイスなんかを差し入れしてくださったりしたのを思い出します。
何か物をいただきたいわけではありませんが、声をかけてくださったり、気にかけていただけることがうれしいのですが、そのような先生はめったにお見かけしませんね。

図書業務が、主任以外に私を含めて2人ほど職員がいると、そんな思いはしなくて済みますし、業務もはかどるのでしょうが、市にそんな雇用の予算があるわけでもなく・・・。

日常子どもたちにかかわる仕事なので、孤独ではないのですが、教職員の中では孤独な仕事です。でも割り切って、なんとかがんばりましょう。
【2011/08/06 02:51】 URL | くーちゃん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1793-6e0abf17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。