小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ノルマ消化し夏休み突入・・・そして思うこと
ご無沙汰しています。
夏休みに突入しています。
勤務最終日が研修会で
手持ち仕事を前日までには終わらせたく
終業式から勤務最終日まで 図書室にこもり
たまった仕事を とにかく片っ端から片づけました。

おかげで 1学期の間積み残した分はきっちり消化し
ずっと懸念だった 書架のサインも作り直し
(ラミネーターを2日間拉致してw)
あらかたの新学期の準備もして 夏休みに入りました。

次の出勤日は 始業式前日なのですが
転入生のカードを作ったり たまった新聞記事をチェックしたりして
あっという間に終わってしまいます。
職員全員が休みだと 机上も変わらぬままですが
自分だけが休みだと 周囲は動いているので
机上には会議資料や回覧板がたくさん載っていて
出勤早々うんざりモードになります。
仕方ないですけどね・・・。

夏休みに仕事ができないのは 正直困ります。
夏休みだからこそ 子供たちがいないからこそ
やれる仕事が 私たちにもあります。
蔵書点検だって 大量貸出をしている今やれば
(貸出分は所蔵ありってことなので)
点検冊数も少なくてすみます。
わざわざ閉館にしなくてもいいわけですから
現時点では3学期半ばでの貸出終了を
3月初めまで貸出ができるので 
必然的に貸出冊数も増えます。

学校に勤める臨時職員は 
子供がいない長期休みは不要と考えられています。
不要と考えるのは学校ではなく
雇い主の教育委員会や官公庁です。
つまり現場の状況を知らないお役所が決めるので
子どもたちがいなければ 仕事はないと思われるのでしょう。
浅はかですね。

当の私は 夏休みだからと 仕事を切り離すことはできず
書店に行っては選書をし 家でリストを作る毎日。
勤務は外れていても 仕事はあるのです。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>ちいさん
お気持ち すご~く すご~く すご~くわかります。
同じ現場にいる者として その気持ち よ~くわかります。
おそらく 非正規雇用の立場にある司書はみな 同じことを思っています。

夏休みにやっておけば 2学期に苦労しなくてすむ作業なのに
あえて2学期にしなきゃいけないって 
机上の仕事だけに専念できるならできもしますが
ちいさんの言われるように 授業にはかかわるし
貸出だってしなくてはならないし 時間は限られているしで
できるわけないんです。

すべての犠牲は子供たちにいくのに
お役所は どうして 頭が固いのでしょう。
子どもたちにかかわる税金の支出は 惜しいのでしょうか。

私達の立場を理解し 行動してくれる議員さんはいないのかと思います。
【2011/08/04 01:21】 URL | らりあん #-[ 編集]

まったくだぁ!
私も夏休み中です。学校には受け入れしなくちゃならない本がたくさんあるのに、夏休み中は放置されたままです。おっしゃる通り、子供がいない休みだからこそできる仕事ってたくさんあるのにお役所は全然わかってくれません!選書リストの作成は家でもできますが、もちろん奉仕ですよね。
学校によっては夏休みの職員作業で受け入れをやってくれるところもありますが、私がついてて教えながらじゃないと何されるかわかりません!「NDCってなに?」って先生ってたくさんいるのですから…そんな時は日時を聞いて学校に出かけます。もちろんこれも奉仕。
こんな状態なんで2学期は山のような段ボールとの戦いが始まります。でも授業に参加することもあるので、受け入れ作業だけにかかりきりということもできません。
正規雇用の何分の一というお給料でこの仕事の量!ハンパねぇよなぁ…と不満は山ほどあるけど、結局子供が好きだから、本が届くのを楽しみにしている子供たちがいるからやるしかないのよねぇ

ついつい愚痴ってしまった。ごめんなさい  m(__)m
【2011/08/03 18:33】 URL | ちい #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1792-98be677d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。