小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子どものつぶやき 5
いつも肩もみをしてくれる子どもの話。

彼女は 家庭の問題を抱えています。
両親の不和により 気持ちも不安定です。

そんな彼女が ここ1ヶ月くらい
頻繁に図書室にやってきます。

家のいざこざで 心が疲れているのでしょう。
図書室に来ると必ず「ここは癒される~」と言って
私のそばにやってきます。
そして 私の肩も荷をやってくれます。

どうやら 私に触れることで
彼女の心がほっとするようです。

周りに誰もいないときは 肩もみをしてもらいながら
彼女の心の内を そっと覗いてみます。
すると 彼女も 少しずつですが 心を開いてくれます。

核心はつきませんが 彼女が語る 家庭での些細なことに耳を傾け
その些細なことが 彼女にとって とても大切なことに感じ取れるので
ひとつひとつ丁寧に 言葉を返していきます。

彼女にとっても ここは 心を休める場所なのだと感じています。

教室では たくさんの児童と向き合う担任。
一人一人の話に耳を傾けてあげたいと思っているのでしょうけど
なかなかそうはいかないようです。
もちろん それは 重々わかっていることなので
この日もまた この子の声を 担任に届けなきゃと思いました。
もう少し 心の声を聞き出してから 伝えようと思います。

家庭の問題に立ち入ることはできなくとも
子どもたちが 少しでも翼を休められるような 
そんな場所でありたいものです。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1779-3213e8ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。