小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


狂言絵本 かきやまぶし
かきやまぶし

「狂言えほん かきやまぶし」 
内田 麟太郎/作  大島 妙子/絵  ポプラ社

狂言えほんの読み聞かせは難しいですね。
方言たっぷりの絵本なみの難しさです。
しかも狂言ですから 軽快なステップがとても重要です。
カミカミだと面白くありませんし
滑らかな読み方でないと 深いところが伝わりませんから
軽い気持ちで手を出すと後悔の念が残ります。

そんな「狂言えほん」ですが
この「かきやまぶし」のやまぶしは滑稽なこと。
読み進めているうちに 話にのめりこんだ自分自身が
思わず吹き出してしまう始末。
自分も楽しむところが大事なんでしょうけど
それくらいの面白さです。

ものすごく敬われるやまぶしが お腹を空かせて
思わず「カキ」に手を出してしまったから さあ大変。
そこへ地主が現れました。
事の次第を知った地主は やまぶしをすぐに捕まえようとせず
からかいにかかります。
そうとは知らないやまぶしは 地主の要求に必死に応えます。
その姿のなんとも滑稽なこと。
笑いが絶えない1冊です。


東書5年国語教科書「5年生の本だな」で紹介されています。


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:読み聞かせ・ブックトーク - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1776-7a25818f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。