小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日は『読書の日』です! 分類の授業をしました。
本校の国語の教科書は 東京書籍版。
6年上の教科書に『図書館へ行こう』という単元があります。
そこで 図書の分類について触れられています。

6年担任から 分類についてレクチャーしてほしいと依頼がありました。
もちろん引き受けました。
分類の知識は 教師よりも確実に持っています。
ましてや 司書であれば 詳しくて当然ですし
それを説明するのに 改めて何かを勉強しなければならないということはありません。
持っている知識を 小学生にわかるように 噛み砕いて教えればいいのです。

しかし ただ口頭で話しても 子供たちにはわかりにくいので
視覚的なものを使った方が よりわかりやすいです。
配布用に分類法の簡単な資料を一部だけ
あとは 持っていた資料を拡大コピーし ラミネート加工して説明用に準備しました。

最後に 授業の組み立てです。
日本の公共図書館や学校図書館の図書は 日本十進分類法で分類されていること
それぞれ図書ラベルが貼ってあること ラベルには意味があること
ラベルの色の違いやラベルの表記(分類番号、著者記号、巻号)について
事例を示しながら話をすること
特に著者記号については 
子供たちの名前を例にして説明したがわかりやすいと考えながら
組み立てていきました。

最後には 実際に図書室の分類を見ながら 
0類から9類 それぞれどのような本があるかを説明しました。
そして「これからの調べ学習で レファレンスを受けたときは
すべて分類番号で本の位置を教えます」と 結びました。

レクチャーが終わった後 子供たちは 図書の貸出しをしました。
分類を意識しながら借りるように促したこともあって
子供たちは 自分たちの借りた本が どのような本か
十進分類法のプリントを見ながら 確認していました。

これまで 何気に見ていたラベルに 興味関心を持ってくれたことに
このような単元の効果があり とてもうれしく思いました。
加えて 私たちも このような機会があるならば
いい加減な知識ではいけないと 改めて感じました。

私たちも 日々精進しなければなりませんね(笑)


FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>ちいさん
お疲れ様です。
今年は教科書が変わったばかりで 対応に苦慮して当然だと思います。
来年度は教科書の中でどう扱われ どう教えるべきか下調べをして
今年よりもより良いものにしたいと考えています。
私も急な話で 準備にあまり時間もかけられなかったので。

絵本は書名順の方が子供たちが探しやすいですが
読み物は作者順が探しやすいですね。
ちいさんの訪問日だけで移動ができないのであれば
図書委員担当の先生に頼んで 子供たちを使って並べ替えてもらってはどうでしょう。
委員活動日にちいさんがいた方が指示が出しやすいとは思うのですが
もし難しいのであれば 委員会担当の先生にしっかり理由を話してお願いされると良いと思います。
誰のための図書室か・・・子供たちが利用しやすいように。
この部分を強調して お話されるといいのではと思います。
書架の移動は子供たちにお手伝いをお願いするのが 一番手っ取り早い方法ですよ^^
【2011/04/23 21:44】 URL | らりあん #-[ 編集]

分類についての授業
私の所も東京書籍です。昨日同じような事を頼まれ、簡単な分類表とワークシートを作りました。分類について説明するのはいいのですが、昨日が初日の学校だったのでまだ自分が把握できていなくって…
愚痴になりますが、その学校の前年度の図書主任の方針で読み物も「書名順」に並べてあり、あまんきみこ作品を探すのも一苦労!やり変えるには週一の訪問じゃかなりの日数がかかりそうだし…と悩んでいるうちに1日終わってしまった。
う~ん、どうしたものか…公共図書館と同じようにやった方がいいと思うんだけどなぁ
【2011/04/23 08:49】 URL | ちい #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1763-12b70359
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。