小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新たなスタート
今日から 職員会議が始まり 新年度が動き出します。
新しい職員 新しい学年部 公務分掌も変わり
校内の空気も変わっていくのでしょう。

職員室には「ボス」ではないですが
職員を引っ張ってくれる「お母さん」「お父さん」的な人がいるといいですね。
年度末の異動で そのポジションにいた職員が動き
今年度からは誰がそのポジションになってくれるのか 気になります。

学校の大黒柱は校長先生ですが 
職員の大黒柱は 職員を温かく和ませ さりげない気配りができる人です。
愚痴を受け止めてくれ 背中を押してくれるような人がいると
職員室へも自然と足が向くものです。
そういう存在がいて 職員室の雰囲気は良くなるので
担任決めと同じくらい気になります。
職員室の居心地が良ければ 職員間の風通しも 自然と良くなりますしね。

最近は 担任を持てない(持たせられない)教員も増えています。
担任を持てない教師に対しては さまざまな意見がありますが
煩雑な職場ですから 一人でも多くの「動ける」職員が必要です。
私は傍から見ているだけなので 偉そうなことは言えませんが
でも 傍から見ているからこそ 全体が見えるわけで
いろんなことを思ったり感じたりします。
だからこそ 誰かの負担が大きくて 誰かの負担が小さいというのは
とても目につきます。
「できる人」にどんどん負担が増している状況もあり
せっかくの「できる人」が重圧に押しつぶされ
「できない人」になりえないかと心配もします。

経験年数が増えると 上級生ばかりを行き来している先生も増えます。
上級生の担任は 責任も大きいですし 何かあれば担任が責められる機会も多くなります。
でも 上級生の担任だけが責められるのはどうなのかと思います。
低学年からの積み重ねが やはり大事で
その過程で きちんと指導が行き届いていなければ 
上級生になって 急にできるものではありません。
経験が豊富な先生だからこそ 低学年の担任になるというにも
一理あると 私は思いますけど なかなかそうはいかないですね。

どんな1年になるのか わくわくどきどきしながら
今日からの職員会議に挑みます。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:一人言 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1755-00f8c0b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。