小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


なんだったのでしょう
迷った挙句 朝会で 蔵書点検の結果に対してのこだわりを
職員にぶつけました。
子供たちにしっかり伝えてもらうために
大事な部分は繰り返し 伝えたつもりです。

図書室の本が 1冊でもなくなるのは おかしいこと。
貸出カードが入ったまま持っていくのは 喩は悪いけれど
スーパーでレジを通さず商品を持ち出すのと同じことだと。
そして そっと元の場所に戻せばよいという問題ではないこと。
スーパーから黙って持ち帰った商品も
そっと元の場所に戻せば それで何もなかったことになりません。
だから 蔵書点検を早く切り上げることなく 返却を待ちたいと。
子供たちに 事の重大さを しっかり伝えてもらいたいと お願いしました。

昼休み 図書委員会の子どもが 図書室にやってきました。
不明図書のことで 担任から話が合ったか尋ねると
不明図書の一覧は 確かに黒板に貼られたけれど
ただそれだけで 特段話はなかったそうです。

なんでしょうねぇ。がっかりしました。
あれだけ力説したにもかかわらず 子供たちには何も語られなかったとは。
あまりのショックで この思いを誰かに聴いてもらいたくて
養護教諭のところに行ったら ちょうど校長先生がいらっしゃって
2人一緒に聞いてくださいました。
校長先生もよくわかってくださって しっかり受け止めてくださいました。
少し胸のつかが下りました。

でも このままでは 私の思いが伝わりません。
なので 児童集会の場で 私の口から私の思いを伝えたがいいと
ある先生からも 校長先生からも言われましたので
そうすることにしました。
思いが伝わらなかった学級の子供たちにも しっかり受け止めてもらうために。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>うたさん
良かったです。少しでも元気になっていただいて。
うたさんのお気持ちは 私も経験してきたものですから
痛いほどよくわかります。
だから 一人で抱え込まないでくださいね。

ここは 自分もそういう思いをしてきたので
同じ境遇に置かれている方たちが 
少しでも元気になれるようにと 作った場所です。
だから うんと活用してください。
そして 元気になって また頑張ってもらえたら それが本望です。
【2011/04/11 22:40】 URL | らりあん #-[ 編集]


丁寧なお返事、本当にありがとうございます。
読んでいて、涙が止まりませんでした。
養護教諭、教頭先生…気にかけてくれる人たちに、私が勝手に遠慮して相談できずにいました。
今日、思い切って相談しに行き、少し気分は軽くなりました。
ここを拝見し、コメントを頂くことができたからできたと思っています。
ありがとうございました。







【2011/04/11 19:34】 URL | うた #-[ 編集]


>うたさん
大丈夫ですか?
まだ2年目とのことで 職員に対してもずいぶん遠慮があるのでしょう。
いろいろな作戦がありますが まずは 職員の中に味方を作ることです。
職員が難しければ 管理職はどうでしょう。

まずは 職員に投げかける前に 下地を作っておくとずいぶん違います。
そのような状況であることを あちこちで ぶつぶつ愚痴っておくのです。
もしかしたら その愚痴を しっかり受け止めてくれる人がいるかもしれません。
もしいれば うたさんが職員に投げかけるときに 力になってくれるかもしれません。

一人職種は孤立してしまいがちです。
とにかく 話し相手を見つけることから始めてください。
同じ一人職種の養護教諭は 親身に受け止めてくれるのではないでしょうか。

閉館したら?と言った教諭のことを 管理職に話されましたか?
誰にも話さず 悶々としていても 苦しいだけですよ。

子供たちと関係づくりができても 職員とできていなければ
本当の意味で つながることができません。
つながることができなければ 図書館利用が円滑に行われるはずありません。
とにかく 理解者を見つけてください。
愚痴は ここでも聞きますから 一人で抱えないでください。
【2011/04/11 00:15】 URL | らりあん #-[ 編集]


初めまして。
コメント、失礼します…わたしも同じ状況だったので。
蔵書点検で紛失が分かった図書についていくら説明しても、職員は無関心。ましてや生徒に呼びかけるなんてしてくれるはずもなく、挙げ句の果てには勝手に持ち出した本を「これ」と渡してくる…必死で点検してこれなのかと、正直泣きたくなりました
わたしはまだ司書二年目ですが、もう精神的にきつくて。
生徒が図書室でガラスを割っても担任は知らんぷり。指導をお願いすると、閉館したら?と言われ…いつまで続けられるか自信がありません。
でも折れてしまうまでは生徒を笑顔出迎えられるようがんばりたいです。長々とすいません。
失礼しました。
【2011/04/10 21:46】 URL | うた #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1744-0def289c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。