小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本棚が足りない
蔵書点検を前に 新刊コーナーに並べていた
今年度購入した図書を 通常の書棚に戻す作業をしました。
この時点で戻しておくと 改めてコーナーを整理する必要がなく
新年度のスタート時に 慌てて整理する必要がありません。

しかし 初めて見ると 書架が足りないことに気づかされます。
昨年度から廃棄図書の数を調整することで 蔵書率100%に近づけているのですが
100%に近づけようとすればするほど こうやって通常書架に戻すと
本棚がいっぱいになってしまいます。

不足している本棚を 予算要求しても
児童数が増加傾向にある本稿は 不足している者が多いので
どうしても本棚の購入は後回しにされてしまいます。
かといって 本棚の予算が下りても 図書室時代が狭いので
本棚を置く場所に困ってしまいます。
実際 予算要求の時点で 事務の先生に
「どこに置くの?」と言われてしまう始末です。

置き場所はなくとも 必要な本棚。
いったいどこに置けばよいのやら。
こうなると 畳スペースをなくすしかないのかなと
苦渋の選択を迫られます。

図書室の畳スペースは 読み聞かせの場としてはもちろんのこと
ほっとする空間でもあるのですよね。
ここで 上靴を脱いで リラックスする時間も
子供たちにとっては 大事な時間になっているように感じます。

とりあえず 新刊コーナーは来年度購入分を置けるよう
片づけることができましたが 来年度末はどうなることやら・・・。
ほとほと困っています。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1730-619bd258
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。