小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


机周りの模様替え
司書室がないです。
カウンターと私の作業机が平行に並んでいるため
机上に仕事道具を出しておくと 子供たちの餌食に。
そのため 休み時間ごと または 席を離れるときには
机上に出している物を そのたび片づけていました。

それは とても効率の悪いことで
図書受け入れ中は 特に タイムロスをたびたび感じていました。

昨年 新しい書架が入った時に スペースを空けねばならず
苦肉の策で 多少邪魔な位置になりますが 
背の低い書架を動かさなければなりません。

納得のいかない場所に移動させたのですが
手狭な部屋名だけに 仕方ありません。

ところが ストーブ使用の時期になり
その低い書架が ストーブ設置場所と密接していて
とても危険であることがわかりました。

ですが なにしろ狭い図書室。
そう簡単に模様替えとはいきません。
そこで 問題点は何かを考えてみることにしました。

低い書架の位置が危険であること そして 私の仕事がし辛い状況であることが
ひとまず 大きな問題でした。

となると 解決策としては この2つをクリアにする方法を考えるしかありません。
私の作業机の前にある書架は ちょうど机と同じ高さ(60㎝くらい)で
ストーブの前にある書架が90㎝程度。
書架の長さは 低い書架が少しばかり短いくらいです。
この2つを入れ替えたとして 長さの問題は
双方を互い違いにすることで クリアできそうです。

ということで 要務の先生にお手伝いしてもらい 
書架を移動させてみることにしました。
私の作業机の前に 高さ90㎝の書架が来たことで
机に作業道具を広げていても 子どもたちがむやみに触るというのは
以前より難しくなった気がします。
そして この書架は 子どもたちの利用頻度が高いので
私の机の前に群がっていると 借りたい人たちの邪魔になります。

利用頻度の低い図書が入った低い本棚が ストーブの前にきたことで
子供たちがそこに群がるという危険性もなくなりました。
また 低い書架の向こうが 子どもたちの読書スペースですが
これまでよりも見渡しやすくなったので 
ストーブも読書をしている子どもたちの様子も よく見渡せるようになりました。

そして 机上に モノを広げておけるようになったことが
なにより良かったと思いました。

模様替えは体力を使いますが 
思い切って動かしてみないことには 何が一番よいかわからないものですね。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1727-634eb643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。