小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


興味を示してくれて嬉しいわぁ ワァ──ヽ(〃v〃)ノ──イ!!
21日からの蔵書点検を前に 貸出も今週で終わり
来週末までにすべての図書を返却してもらいます。
そして午後には 本棚にあるすべての図書を倒してしまいます。

PC管理でないため 毎年憂鬱な作業ですが
作業し始めたら ゴールするまで必死ですから
終わった時の達成感といったら 
その場でビールを一気に飲み干したいくらいw
まぁ そんなことはできませんけどw

蔵書点検の最終告知とお手伝いのお願いをポスターにして各学級に配布しました。
教室に貼っていただけたようで 子どもたちの関心を集めています。
図書室にやってきては どういうことをするのか 詳しく尋ねてきます。

子供たちが楽しく作業できるように 私も考えているので
一度でもやって 楽しいと感じた子は 何度でも手伝いにきてくれます。
何より 作業中は誰も入れない図書室に 
特別に入れることが 気持ちをそそるようです。

そして 作業は簡単。
すぐに達成感を感じられるよう 本棚を細かく区切っています。
第一段階の作業が終わると 
次は ソートをかけ抽出した所在のはっきりしない図書の捜索。
これがまた 楽しいんですよ。見つかった時の爽快感はたまりません。
「見つけたぁ~!!」と 勝ち誇った感が 子供たちにもたまらないようです。

昨年参加した子どもたちは 楽しかったぁと言ってくれました。
また今年も参加したいと。大きな戦力です。期待しています。

蔵書点検を子どもたちに手伝わせるのには 大きな意味があります。
図書の紛失を目の当たりにして そこから何かを感じてほしいからです。
実際 昨年は こんなにもなくなるものかと かなりショックを受けていました。
そういうことを 作業を通して 感じてもらえれば
手伝ってもらう意義もあるのかなと思います。



FC2ブログランキングに参加しています。
クリックご協力お願いします。
↓  ↓  ↓



スポンサーサイト

テーマ:学校図書館 - ジャンル:学校・教育


この記事に対するコメント

>しぶちゃさん
ははは(;´▽`A`` 孫の代ですかw
正規司書も引き上げられ 非正規司書ばかりになっている昨今。
景気がよくなって 正規司書全国配置になってほしいものですね。

他校視察はぜひデジカメ持参で。
写真入りで司書教諭に提示した方が なお説得力があると思います。
サインを手作りされるつもりならば 
材料や素材などもチェックされておかれたがいいと思います。

先日届いたポ○ラデ○アが梱包されていた段ボール箱に
緩衝材代わりに入っていた段ボール紙が 
3つ折りでいい感じなので ポップ代わりに使えると思い 取っています。
本のケースなども 何か作るときに応用できるので
安易に廃棄せず 取っておきます。
そういうリサイクル品を活用している事例も
注意してみてこられると 意外と使えるものがあるかもしれませんよ^^
【2011/02/08 21:20】 URL | らりあん #-[ 編集]

そうですよね!!
お返事、ありがとうございます。

(エクセルにデータ化するといいのになぁ~)とよく思っていたので、らりあんさんの説明で納得できました!!
廃棄のときにも検索をかければ、いちいち台帳をめくって探さなくてもいいんですよね・・・。

(実は、昨年から、中学校の図書をかなりの量廃棄していらっしゃるので台帳管理をどうされているのか・・・お聞きするのもためらわれて・・・。)

明日は同じ市内で司書のボランティアさんが入って整備された学校図書館を見に行かせていただくことになっています。
書架サインや掲示など参考にさせていただいて
図書担当の先生に提案してみようかな~と思っています。

せめて、孫の代には司書の先生がいる学校になっていてほしいと願ってます^^;
【2011/02/08 09:10】 URL | しぶちゃ #-[ 編集]


>しぶちゃさん
本当にお久しぶりです^^

台帳(図書原簿)はPC管理ではないので
10冊余りの原簿と蔵書を1冊1冊照らし合わせていくのが
本来の蔵点のやり方です。
ですが それでは 効率が悪いので
夏休みを利用して 台帳をすべてPCに入力(エクセル)しました。

およそ1万冊の蔵書データを 夏休みを利用して1日4時間ほど毎日入力し
20日程度で完成させました。
PC管理にすると なんといって いくつもの台帳を
いちいち開かずしてできることが 最大の利点です。

もちろん 正式にPCにデータ移行したわけではなく
自分の仕事を効率よく進めるための手段として作ったファイルなので
あくまでも 正式な台帳は 手書きのものです。
ですので 購入した図書を登録するときは 多少面倒ですが
台帳に記したものを そのたびごとに 
PC台帳に追加入力していきます。

手間はかかりますが 蔵書点検の時にとても助かるので
入力という面倒な作業も苦にはなりません。

それから 非正規司書が 学校図書館を変えたいと行動するとなれば
校内に理解者を得 協力を求めることが 先決です。
踏み出すのは大変ですが 踏み出してしまえば 理解者は増えていくと思いますよ。

調べ学習や読書への取り組みは 少しずつでも実践していかなければ
現状のままです。
せっかく 視察に行かれたのですから 生かせる方法を模索されないと勿体ないですよ。
学んできたものを司書教諭に話し 司書教諭や図書委員に協力をお願いして
少しずつでも取り組んでみてはどうでしょうか。
【2011/02/07 23:00】 URL | らりあん #-[ 編集]

こんにちは♪
おひさしぶりです^^

前から気になっていたのですが、
PC管理でない時の蔵書点検は
台帳と照らし合わせながらになるかと思うのですが、その台帳はエクセルのようなかたちでデータ化されているのでしょうか??

といいますのも、今年度初めて(?だと思うのですが・・・)図書担当の先生から、年度末に蔵書点検だと思うのですが、図書の整理の作業をしたいとの依頼を受けています。
けど・・・PCはもちろんなく、おそらく台帳は手書きのものだと思います。

先日、司書の先生が配置されている学校へ見学に行ってきたのですが、調べ学習にしても読書の取り組みにしてもうちの学校とのあまりの差にタメ息しかでませんでした・・・。
市(県)によってこんなに違うのかと、同行した方皆さんの感想です。

らりあんさんも色々ご苦労がおありでしょうが、
らりあんさんのような司書の先生がいらっしゃるだけで子ども達はほんとうにめぐまれていると思います。
私もできる範囲で力になれれば・・とおもうこの頃です。

【2011/02/07 09:09】 URL | しぶちゃ #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/1724-b83e9d74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。