小学校の図書館で司書をしています。毎週 図書の時間に読み聞かせをします。 読み聞かせで利用した図書の紹介を中心に 図書館司書の仕事や学校で起こる様々な出来事について語ります。








☆リンクサイト☆




プロフィール

らりあん

Author:らりあん
司書歴16年。小学校勤務。
現校は1年目。
いつも『子どもの目線』をモットーに
子供たちにとっての居心地の良い図書室を目指して 毎日頑張っています。

所有資格:司書 司書教諭 中学校教員免許



FC2カウンター



FC2ブログランキング

 ランキングに参加しています。

FC2ブログランキング

 クリックご協力お願いします。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



最近のコメント



最近の記事



カテゴリー



QRコード

QRコード



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ふたりはきょうも
12日のブログ「授業研の後にブックトーク」に
moonさんよりコメントをいただきました。
ありがとうございます。

今日は moonさんのご質問にお答えしたいと思います。

先日「ふたりはともだち」に収録され
2年生の国語の教科書に採択されている「おてがみ」を
ご紹介しました。
このお話は おてがみをもらったことのないがまくんに
親友のかえるくんがこっそりお手紙を書き
かたつむりくんに託すのですが 待てど暮らせどお手紙が届きません。
待っている間の がまくんとかえるくんのやりとりが
思いやりの気持ちで満ち溢れ 温かくほほえましくなるものでした。

その後 読み聞かせしたのが
「ふたりはきょうも」の中に収録された

ふたりはきょうも


ぼうし」と「ひとりきり」です。

なぜこのお話にしたのかですが・・。

アーノルドローベルの「おてがみ」は 
昨年度教科書が改定される前から 
教科書に採択されていた単元でした。
この単元はまとめまで入れて18時間ほど学習します。
その間に アーノルドローベルのお話を
毎年紹介することにしています。
私が読み聞かせに選ぶ基準は もちろんお話の内容もですが
学級の実態に合ったお話を選ぶということを念頭において決めます。
ですので 毎年同じお話を紹介するということはありません。

「ぼうし」は 
かえるくんががまくんのために「してあげた」お話
「ひとりきり」は 
がまくんがかえるくんのために「してあげた」お話
です。

がまくんもかえるくんも親友なわけですから
それぞれにお互いを思い合っています。

なので
 
1つは かえるくんからがまくんへ

もう1つは がまくんからかえるくんへ


 それぞれに相手を思いやる気持ちを描いたもの 

にしたかったのです。


「ぼうし」は 子どもたちを笑いに誘う場面があり
子どもたちの反応を見ることができます。
お話に入っている子どもは ここで笑えるわけです。
今度は お話に入っていない子どもをひきつけるために
声の抑揚を変えたりして お話に引き込みます。

笑いの後は かえるくんががまくんを思う気持ちから起こす行動を
子どもたちの「うわぁ・・優しいね~」という反応とともに
温かいラストまでいっきに読み上げます。

もりあがったところで「ひとりきり」に持って行きました。
今度は がまくんからかえるくんへのお話なのですが
そこを説明してしまうと 場がしらけてしまうので
そのままの勢いで 話をはじめます。
こどもたちは「ぼうし」でもらった温かい気持ちのまま
「ひとりきり」に入っていきます。

「ひとりきり」は 
書置きを残し小さな島(?)にひとりきりたたずむがまくんを
かえるくんが なんとか元気付けたくて
サンドウィッチと紅茶を持ち がまくんの元へ向かいます。
がまくんに会って話を聞くと
がまくんは 寂しくてひとりきりだったのではなく
幸せをかみ締めてのひとりきりだったということを
かえるくんは知り 改めて「友情」を称えあいます。

親友とは「互いを思いやる心」を持ち合わせた友達だ

ということを 2つの話から汲み取って欲しいと
読んだ後に 子どもたちに話しました。
 
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
頑張りましょう^^
>moonさん
こんばんは。
レスありがとうございます。
まとまりのない内容に お役にたてたのか 
正直不安でした。

一番大事なのは どのお話を選んでも
そのお話を通して
 伝えたい思いや気持ちを込めて読むこと

だと思います。

私自身 けっして読み聞かせが上手というわけではありませんし 
得意でもありません。
自分の足りない部分は 他校の研究授業や
研修会などで得る知識で補っています。

moonさんの伝えたい思いや気持ちがこもった読み聞かせであれば 
しっかり子どもたちに伝わると思いますよ。

一緒に成長して行きましょう^^
moonさんもいろいろ教えてくださいね。
【2006/11/19 22:49】 URL | らりあん #XAUl15Aw[ 編集]


詳細に教えてくださってありがとうございます。
ブログを読ませていただいて、また改めてローベルのお話を読み返しました。
素晴らしいです。今の私にはまだ真似できません。
私も長く経験を積んでらりあんさんのような読みきかせができるようになりたいです。

これからも色々と教えてください。
よろしくお願い致します。
【2006/11/19 00:31】 URL | moon #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://rarian.blog69.fc2.com/tb.php/172-f0704994
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。